メモ

忘れっぽいです

2016年12月公開映画チェック

シネコン増加によってスクリーン数が増えると自国の映画の公開機会が増え、ヒット作も増加するそうで。今に始まった事じゃないですが、今年は特に話題性と質を伴った邦画が多く、ドメスティックな傾向が強かったですね。
と言いつつ、僕はそんなに新作映画見てないのですが。ひとまず僕の今年のベストは、ドメスティックでTBSな『インターン!』で確定しそうです。


12月。でかいタイトルは『ローグ・ワン』『バイオハザード』『妖怪ウォッチ』あたり。このラインナップだと、年末興行でも『君の名は。』が伸びそうですね。

新作公開監督はオタール・イオセリアーニ、テレンス・マリック、ローランド・エメリッヒ、ポール・W・S・アンダーソン、ギャヴィン・フッド、ギャレス・エドワーズ、アダム・ウィンガード、ドン・チードル、中島貞夫、細野辰興、三池崇史、塩田明彦、堤幸彦、山崎貴、三木孝浩、安齋肇など。
テレンス・マリックは最近コンスタントに監督してますが、中島貞夫と細野辰興は随分とご無沙汰。

旧作はヴィスコンティ『若者のすべて』、ウェイン・ワン監督ポール・オースター脚本『スモーク』、そして『狂い咲きサンダーロード』がリマスター版上映。
今年はヴィスコンティ生誕110年没後40年で代表作が再公開され、来年初頭も更に三作品上映されますが、カミュ原作『異邦人』は相変わらずソフト化されませんね。YouTubeで吹替版を見る事が出来ますが。


http://eiga.com/coming/


12/1(木)
ブレア・ウィッチ
http://blair-witch.jp/
ブレア・ウィッチ・プロジェクト』17年ぶりの正統続編。『サプライズ』『ザ・ゲスト』のアダム・ウィンガード監督&サイモン・バレット脚本なので、2000年制作のガッカリ続編『ブレアウィッチ2』のような大惨事にはならないでしょう。

マダム・フローレンス! 夢見るふたり
http://gaga.ne.jp/florence/
自身が音痴なのに気づかずソプラノ歌手を夢見るマダム・フローレンスと、彼女に夢を見続けさせるためゼニのチカラでどうにかしていく夫。次々と起きていく成功に気を良くしたフローレンスはとうとうカーネギー・ホールで歌うと言い出して、、、という実話に基づいたお話。狂乱の1920年代あたりの話かと思ったら、二次大戦真っ只中の40年代ですか。アメリカさんは豪気だなぁ。
主演メリル・ストリープ、その夫にヒュー・グラント。監督『ハイ・フィディリティ』スティーヴン・フリアーズ、撮影『THIS IS ENGLAND』『パイレーツ・ロック』『英国王のスピーチ』ダニー・コーエン、音楽『グランド・ブダペスト・ホテル』アレクサンドル・デスプラ。NYが舞台だけどイギリス制作映画。


12/3(土)
アズミ・ハルコは行方不明
http://azumiharuko.com/
同名小説原作。主人公/中心の不在によって物語が浮かび上がってくる『桐島、部活やめるってよ』、漫画で言うなら岡崎京子「チワワちゃん」系の映画、でしょうか。『アフロ田中』『スイートプールサイド』松居大悟監督、蒼井優主演、音楽が環ROY。

貌斬り KAOKIRI
http://kaokiri.makotoyacoltd.jp
昭和12年の日本映画界で起こった実在事件、美男子俳優長谷川一夫「顔切り事件」をモチーフにした映画を作るべく集まったスタッフたちの人間模様を、実際に上演された舞台と映画を混在させながら描く、、、と、ややこしそうな構造の映画。面白そう。監督脚本制作は『シャブ極道』『竜二Forever』細野辰興。

いたくても いたくても
http://www.itakutemo.com
プロレス恋愛活劇、だそうです。公式サイトの著名人コメントに、黒沢清、柳下毅一郎と、柳下氏に揶揄されるタイプの邦画『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』 の深川栄洋監督の名前が一緒に並んでる。許容量のデカい良作かもしれません。

JACO
http://jaco-movie.jp/
ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー。

時代劇は死なず ちゃんばら美学考
http://www.chambara.net/

中島貞夫、2000年代に入って初の監督作は、ちゃんぱら映画/殺陣シーンに関するドキュメンタリー。近年の中島監督はテレビや本、企画上映などで邦画を紹介する仕事が多い印象があります。その下地があるからこその映画かもしれません。
出演に山根貞男、鈴木一誌、春日太一、松方弘樹、福本清三、栗塚旭、菅原俊夫、殺陣師の菅原俊夫など。


12/10(土)
変態だ
http://hentaida.jp
安齋肇初監督映画。企画原作脚本みうらじゅん。この二人が組んでいるだけあって、主演『トーキョードリフター』前野健太、撮影監督に音楽カメラマン三浦憲治、音楽監督に古田たかし、演奏に小野瀬雅生、真心の櫻井秀俊、梅津和時と、普通の映画では見ないタイプの豪華なメンバーが参加。

A.I. love you
http://www.ai-luv-you.com
「私は人工知能に恋をした」というキャッチコピーで、全編スマホ撮影の恋愛映画。邦画。
今年下半期に入ってからのKATSU-do(吉本興業グループ)制作映画って、我々が元ダウンタウンマネージャーとして認識してる藤原寛の名前が制作に入ってる事がちょくちょくあるな、とこの映画のスタッフ陣を見て気づいた。

ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美しき世界」
http://www.imagica-bs.com/norshteyn/
ユーリー・ノルシュテイン監督のアニメーション作品6本、計80分を上映。

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー
http://www.movie-taisen.com/
MOVIE大戦第8弾。佐野史郎、棚橋弘至が敵役で出演。パックマンと戦うとか、バンナムだから出来る企画って感じで楽しいですね。

ヒッチコック/トリュフォー
http://hitchcocktruffaut-movie.com/
映画本の定本と言っても過言ではない名著「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」と、その影響を描くドキュメンタリー。日本語字幕は山田宏一!


12/16(金)
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html
EP4に出てくるデス・スター設計図はいかにして反乱軍の手にもたらされたのか、と言うお話。EP3のジェダイ大虐殺後という『スター・ウォーズ』的に最も絶望的な状況が舞台なだけに楽しくなりそうですし、何よりドニー・イェンが盲目剣士という座頭市ライクなキャラで出演ってだけでもう嬉しい。『フォースの覚醒』でのイコ・ウワイス&ヤヤン・ルヒアンの無駄遣いと違って、ドニー様はバリバリ活躍しそう。
監督はギャレス・エドワーズ、脚本に『アバウト・ア・ボーイ』監督脚本クリス・ワイツ。

ドント・ブリーズ
http://www.dont-breathe.jp/
盲目ジジイの家に強盗しに行ったら、逆にヒデェ目にあわされた!映画。興行的にも評価的にも、今年最も成功した米国ホラーだと思われます。楽しみ。


12/17(土)
ヒトラーの忘れ物
http://www.hitler-wasuremono.jp/
二次大戦直後デンマーク、残された地雷撤去をする敗残ドイツ軍少年兵たちのお話。

ニーゼと光のアトリエ
http://maru-movie.com/nise.html
精神病院ではショック療法が当たり前の時代に、患者に絵筆を与え意思を表現させようと試みた実在の女性医師のお話。東京国際映画祭グランプリ。
ところでこの映画の日本配給会社名が「ココロヲ・動かす・映画社〇」っていうんですよね。この会社名でホラーとか配給したらそれだけで鳥肌モノなので是非やってほしいです。

皆さま、ごきげんよう
http://www.bitters.co.jp/gokigenyou/
オタール・イオセリアーニ監督作。

フィッシュマンの涙
http://fishman-movie.jp/

新薬治験により顔がサカナになってしまった男のお話。一応エグゼクティブ・プロデューサーとして『シークレット・サンシャイン』イ・チャンドンの名前が入っていますが、そんな事は関係なしに面白そう。原題は"突然変異"だけど、こんな邦題にするあたり如何にも日本ですね。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする
http://www.bokuasu-movie.com
いかにもなタイトルのデート用ムービーですが、ファンタジック要素アリで『陽だまりの彼女』三木孝浩監督作と来たら、良作の予感がビンビンします。
主演福士蒼汰、小松菜奈。共演に東出昌大、山田裕貴、これから役者方面の仕事が増えそうな清原果耶と豪華。撮影は『神様のカルテ』など東宝肝入りのデート/泣かせ映画での仕事が多く、なおかつ『シン・ゴジラ』もやっている山田康介。

風に濡れた女
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/wetwoman/
日活ロマンポルノ45周年、著名監督にロマンポルノ撮ってもらおう企画の一作。そしてそんな企画ならこの人を呼ばない訳にはいかないでしょうの塩田明彦監督脚本作。神代辰巳っぽい舞台立てに、塩田作品には珍しい感のあるコミカルな雰囲気。すごく良さそうです。

映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
http://www.eiga-yokai.jp

アニメパートと実写パートが入り乱れる構成の、映画第三弾。面白そう。しかも実写パート監督は『タクミくんシリーズ』で実写BL映画ファンにはお馴染みの横井健司。本作のような実写作品に求められる、現実感の薄い平面的な実写世界を撮るには打ってつけでしょう。城定秀夫や元木隆史、低予算映画の時の三池崇史もそういった事が得意な監督だと思いますが、この人はBLやってるだけに端正で、ファミリー向けとの相性も良さげ。

SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー
http://curiouscope.jp/SADVACATION/
シド・ヴィシャスとナンシーにスポットを当てたドキュメンタリー。

エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街
http://elstree1976.jp

ダースベイダーのスーツアクターであるデヴィッド・プラウズから、ワン・シーン登場の反乱軍パイロットまで、『スター・ウォーズ』一作目に、マスクを被って出演した人々のドキュメンタリー。
予告編の時点でもう面白いですね。どう演じたら良いか尋ねたら「映画でよく見る感じで」と答えたとか、ルーカスには「この映画は古臭いくらいの演出スタイルで行くべきだ」という確信が最初からあったんでしょうね。この頃は『THX』『アメグラ』『SW』と傑作連発してるだけにホント才気走ってるなぁ。


12/23(金)
バイオハザード ザ・ファイナル
http://www.biohazard6.jp/
シリーズ最終作。当然、監督はポール・W・S・アンダーソン、主演はミラ・ジョヴォヴィッチ。
今はアクション見せるのがヘタな映画が多い時代ですが、ポール・W・S・アンダーソンは3D映画が多い事もあってか、位置関係が分かりやすく、かつ面白い構図のアクション・シーンを見せてくれるし、ミラジョヴォ姉さんを誰より格好良く撮れる、腕のある監督だと思います。何かと揶揄されがちだけど、きちんと見直されて欲しいなぁ。

聖杯たちの騎士
http://seihai-kishi.jp/

テレンス・マリック監督作。いつも通り、分かりやすいストーリーの存在しない散文詩的映画っぽいです。
予告の画を見れば分かりますが、撮影にGoProを使用。2014年の海洋ドキュメンタリー『リヴァイアサン』は「漁業をGoProで撮ったら面白いんじゃね」というアイデア一発で押し切る(まるでオレのMADのような)酷い映画でしたが、テレンス・マリック監督&エマニュエル・ルベツキ撮影ならちゃんと面白い映像を見せてくれる事でしょう。
出演はクリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、アントニオ・ヴァンデラス、ブライアン・デネヒー、フリーダ・ピント、イモージェン・プーツと、流石の豪華さ。個人的に、最近のテレンス・マリック映画の面白さは、キャスティングの妙が担っている所が多いと思っているので、今回も楽しみ。

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間
http://www.miles-ahead.jp
ドン・チードル主演&初監督脚本制作で、マイルス・デイヴィス映画。当初、ドン・チードルは出演のみの予定が、企画が難航し監督が降り、それでも実現するために制作や監督も担当したようです。マイルス・デイヴィスはそれだけの魅力がある題材ですが、同時に相当な覚悟も必要でしょうね。胃が痛くなりそう仕事だわ。
音楽担当は現在の米国ジャズ/R&Bシーン最重要ピアニスト、ロバート・グラスパー。初の映画スコア担当作。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
http://eyesky.jp/
大規模自爆テロを実行せんとするテロリスト集団に対し、会議室から遠隔ドローンで攻撃しようとする英米共同軍。しかし攻撃地点では一人の少女がパンを売っていた。少女を犠牲にしてでもテロを阻止するのか、多くの被害が出るのを承知の上で少女を救うのか、むむむ、、、というお話。
軍事用ドローン映画では先月『ドローン・オブ・ウォー』も公開されていますが、むしろシチュエーション的に会議映画としての『シン・ゴジラ』『フェイル・セイフ』に近いと思われます。面白そう。
出演ヘレン・ミレン、アラン・リックマン。アラン・リックマンは本作が遺作となっております。
監督はヨハネスブルグ出身『ツォツィ』『ウルヴァリン ZERO』『エンダーのゲーム』ギャヴィン・フッド。撮影は近年のケネス・ブラナー監督作の常連ハリス・ザンバーラウコス。ほぼ車内で展開される映画『オン・ザ・ハイウェイ』も、スケールの大きい『マイティ・ソー』も撮っている、この映画にうってつけのカメラマンという感じ。

ピートと秘密の友達
http://www.disney.co.jp/movie/pete.html
ディズニー1977年の実写+ドラゴンだけアニメーション合成な映画『ピートとドラゴン』のリメイク。オリジナルは『メリー・ポピンズ』の延長にある、ミュージカル・テイストやトリック撮影が楽しい映画ですが、リメイク版はシリアス、というか現実感の強いテイスト。コレはコレで『アイアン・ジャイアント』チックな面白さが出て良さそう。

土竜の唄 香港狂騒曲
http://mogura-movie.com/
同名コミック原作の実写版、二作目。前作に続き三池崇史監督、宮藤官九郎脚本、生田斗真主演。
作品によっては劇場を凍りつかせんばかりの大惨事になる三池テイストやクドカン風味ですが、前作は二人の悪ふざけ感が良い方向に働いて、なかなか面白いなーと思った記憶があります。

ポッピンQ
http://www.popin-q.com/
東映アニメーション創立60周年、オリジナル作品。プリキュアファンの度肝を抜いた『プリキュアASDX2』EDダンスのディレクター宮原直樹が初監督。東映アニメ60周年と銘打ってますが、他の主要スタッフには東映アニメ生え抜きみたいな人いないですね。
キャストは瀬戸麻沙美、井澤詩織、黒沢ともよといった若い人から、石塚運昇、羽佐間道夫といったベテランまで揃った超豪華な布陣。


12/24(土)
ストーンウォール
http://www.stonewall.website
1969年のニュー・ヨークで起こった、セクシュアル・マイノリティの社会運動の原点“ストーンウォ-ルの反乱”を元にした劇映画。過去にも同じ題材を元にしたドキュメンタリーや劇映画がいくつか作られています。
監督製作はローランド・エメリッヒ。言っちゃ悪いですが、うーんエメリッヒかぁ、、、って思っちゃいますね。ロッテントマトの評価もボロクソです。いつものディザスターや大味アクション映画なら評価が低けりゃ低いほど逆に楽しみになるのですが、この題材で低評価は怖いなー。
この映画とは関係ない話ですが、『ゴッドファーザー・オブ・ゴア』というスプラッタ映画のドキュメンタリーで、ジョン・ウォーターズが「ジャック・スミス監督『燃え上がる生物』(ニュー・ヨークのドラァグ・クイーンのちんちんやおっぱいがいっぱいぷるぷるする実験映画)を上映しただけで制作者だけでなく観客や上映技師まで逮捕された」という逸話を語っていました。そのドキュメンタリーでは「60年代は過激な映画に対する規制や反応が今よりも激烈だった」という事を説明する一例として紹介されていましたが、むしろ同性愛者コミュニティ弾圧の意味合いが強かったのかな。

ワイルド わたしの中の獣
http://www.finefilms.co.jp/wild/

オオカミに恋愛感情を抱き、野性化していく女のお話。おもしろそー。

オアシス スーパーソニック
http://oasis-supersonic.jp
ギャラガー兄弟がエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ね、インタビューも受けているオアシスのドキュメンタリー。


12/31(土)
MERU メルー
http://meru-movie.jp
"世界一の壁"ヒマラヤ山脈メルー峰の岩壁「シャークスフィン」登頂のドキュメンタリー。
[ 2016/11/26 15:29 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2016年11月公開映画チェック

11月。来月に大作が控えているからか地味なラインナップ。大作はJKローリング物『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』くらいでしょうか。

今月新作公開監督はヴィム・ヴェンダース、リチャード・リンクレイター、ペドロ・アルモドバル、バリー・ソネンフェルド、マッテオ・ガローネ、テイト・テイラー、行定勲、長江俊和、山下敦弘、大友啓史、山戸結希、半野喜弘、片渕須直。
新作ではないけど未公開作やリマスター版上映にアレハンドロ・ホドロフスキー、七里圭。

アニメはマジェスティックプリンス、きんモザ、orange、ガンダム ORIGIN、暗殺教室、艦これ、そして「またやるのか、、、」なサイボーグ009など、色々やりますね。

http://eiga.com/coming/201611/


11/3(木)
ぼくのおじさん
http://www.bokuno-ojisan.jp/
北杜夫原作、山下敦弘監督、『探偵はBARにいる』須藤泰司脚本、松田龍平主演。

コウノトリ大作戦!
http://origin.wwws.warnerbros.co.jp/kounotori-daisakusen/index.html
かつてコウノトリが赤ちゃんを運んでいたモノですが、近年は運送業の売上を重視して赤ちゃんお届けを禁止している、、、という世界観のワーナー・アニメーション作品。
監督脚本は実写畑で『マペッツ』『ズーランダー2』脚本や『ネイバーズ』監督をしているニコラス・ストーラー。共同監督にピクサーのアニメーターで『ウォーリー』同時上映の短編『マジシャン・プレスト』監督脚本のダグ・スウィートランド。最近、ディズニー系アニメで仕事してた人が他の会社で監督するパターン多いですね。


11/4(金)
ソーセージ・パーティー
http://www.sausage-party.jp

おもちゃに人格がある『トイ・ストーリー』みたく、食材に人格がある世界観で展開するR15アニメーション。ボイス・キャストはセス・ローゲン、クリステン・ウィグ、ジョナ・ヒルらアパトーギャング系メンツに加えジェームズ・フランコ、エドワード・ノートンまで参加。豪華。
監督は『モンスターVSエイリアン』『マダガスカル3』コンラッド・ヴァーノン、『きかんしゃトーマス』映画シリーズのグレッグ・ティアノン。脚本はセス・ローゲンとアパトーギャング系コメディのスタッフ。音楽にアラン・メンケン御大と、スタッフも豪華。余裕ある大人の悪ふざけ、って雰囲気。


11/5(土)
エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に
http://everybodywantssome.jp/
リチャード・リンクレイター監督脚本。大学野球部メンバーが新学期が始まるまでの3日間に織り成す人間模様を80sサウンドに乗せて描く、、、という、70年代の夏休み前最後の授業が終わった日(すなわちアリス・クーパーが歌うところの"School's Out" )の一晩を描いた大傑作『バッド・チューニング』を彷彿とさせるお話。
なお、本作公開と合わせて、新宿武蔵野館で『バッド・チューニング』も日本初上映されるそうです。いいなー。

ジュリエッタ
http://julieta.jp/
ペドロ・アルモドバル監督脚本。原作はカナダのノーベル賞作家アリス・マンローの小説。

小さな園の大きな奇跡
http://little-big-movie.com
資金不足で先生が一人もいなくなり、5人の園児だけが残った香港のとある村の幼稚園。そこに超薄給にもかかわらず、かつて有名幼稚園の園長だった女性がやってくる。という実話ベースの香港映画。こういうタイプの香港映画は珍しいだけに、日本で劇場公開されるのは嬉しいですね。
監督はエイドリアン・クワン。日本では公開作が無いですが『賤精先生』『大無謂』は輸入DVDで見たな、、、あんまり面白くなかったけど、随分昔の映画だし、向こうの大手芸能プロダクションの雇われ監督的仕事だろうから本作を量る指標にはならないでしょう。製作は香港映画ファンなら言わずもがなのベニー・チャン。この人が非アクション映画に関わるのは珍しいですね。

溺れるナイフ
http://gaga.ne.jp/oboreruknife/
ジョージ朝倉の漫画原作。『5つ数えれば君の夢』山戸結希監督脚本。「君がこの世界の全て」な10代の恋愛劇は、この監督と相性良さそう。主演『渇き。』小松菜奈、菅田将暉。これは面白いんじゃないでしょうか。

ボクの妻と結婚してください。
http://www.bokutsuma-movie.com/
織田裕二、原田泰造といった濃ゆいメンツで余命数ヶ月系泣かせ映画。

インターン!
http://intern-movie.jp

「今をときめく旬のキャストが勢ぞろいした、若者たちのリアル就活ストーリー!」だそうです。予告編だけ見るとヤバそうですが、制作がBS-TBSで、監督がテレビドラマ演出家の方の吉田秋生、と聞けば分かる人なら「ああ、あのテイストか」と思うんじゃないでしょうか。『ママはアイドル!』『はいすくーる落書』『人間・失格』といったTBSドラマの演出をずっとされている方で、個人的には子供の頃に見た宮沢りえ主演の2時間ドラマ『オシャレ泥棒』のファンタジックな作風が今も忘れられずにいます。キャリアの長い人ですが、映画の監督は今回が初。

オー・マイ・ゼット!
http://www.ohmyz.com/
コメディ系ゾンビ物。監督脚本は、「ジャン、ジャン、ジャジャン、ジャン・クロード」ヴァン・ダム映画や「ブシドー、ブシドー、サムラァイ」なチャック・ノリス映画など、かの有名な木曜洋画劇場の予告編を作り上げた神本忠弘。初の監督作だそうです。
しかし予告編見ると、主人公がツッコミ気質で、映画館で見るには辛いタイプの作品になってそうで怖いですね。

眠り姫
http://www.nemurihime.info/
七里圭監督脚本作。ソフト化せずに上映を続けてきた作品を、10周年記念に5.1chサラウンド&HDデジタルリマスター化してK'sシネマで、その後シネ・ヌーヴォで上映。

ティファニー ニューヨーク五番街の秘密
http://www.finefilms.co.jp/tiffany/
ティファニーのドキュメンタリー。監督は『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』マシュー・ミーレー。バズ・ラーマンやロブ・マーシャルがインタビューに登場。

シネマハワイアンズ
http://www.legendpictures.co.jp/cinemahawaiians/
フラガール』のモデルとなった常磐ハワイアンセンター、現スパリゾートハワイアンズのダンシング・チームのドキュメンタリー。2011年にも震災後の同チームと施設を追った秀作ドキュメンタリー『がんばっぺ フラガール!』が作られたばかりですが、それだけ魅力ある題材なのでしょうね。


11/11(金)
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
http://jackreacher.jp/
トム・クルーズ主演で、70年代アクション映画を思わせる渋い肌触りが見事だった『アウトロー』続編。監督はクリストファー・マッカリーから、『ラストサムライ』エドワード・ズウィックに変更。


11/12(土)
誰のせいでもない
http://www.transformer.co.jp/m/darenai/
最近ドキュメンタリーが続いていたヴィム・ヴェンダース、久しぶりの劇映画監督作。『Pina』に続く3D映画で、日本でも劇場によっては3D上映アリ。
近年の3D映画で好きなものは沢山ありますが、3Dの使い方が見事だと心底感じたのはヴェンダースとゴダールだけなので、本作の3D上映は有難いですね。
撮影はハーモニー・コリンやギャスパー・ノエ監督作の常連ブノワ・デビエ。キャストはジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、『潜水服は蝶の夢を見る』マリ=ジョゼ・クローズ、『スポットライト 世紀のスクープ』レイチェル・マクアダムス。

ホドロフスキーの虹泥棒
http://www.rainbowthief.jp/
ホドロフスキー監督が1990年に製作した映画、日本初公開。予告編見るとクストリッツァ映画っぽい雰囲気があります。キャストはピーター・オトゥール、オマー・シャリフ、クリストファー・リーととても豪華。しかし全員もう亡くなられているんですねぇ。他には、この頃は俳優業が活発だったイアン・デューリーもキャストに名を連ねています。面白そうだなぁ。

華麗なるリベンジ
http://kareinaru-revenge.com/
罠にハメられ刑務所入りした検事と、前科9犯の詐欺師が獄中で手を組みリベンジするバディ物。最近日本で公開される韓国映画は極端な凸凹コンビのバディ物多いですね。
検事役『新しき世界』ファン・ジョンミン、詐欺師役『義兄弟』カン・ドンウォン。

弁護人
http://www.bengonin.ayapro.ne.jp
ソン・ガンホ主演。80年代初頭、軍事政権下の韓国で、冤罪で公安に逮捕された青年を救うべく国家に立ち向かう税務弁護士のお話。盧武鉉元大統領の弁護士時代の実話だそうです。

ミュージアム
http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/
巴亮介の漫画を、『るろうに剣心』大友啓史で実写映画化。

レミニセンティア
http://www.remini-movie.com/
ソクーロフ『太陽』などのメイキングを務めた井上雅貴が、ロシアで撮影した初長編監督作。人の記憶を消す能力を持ち、その記憶を元に小説を書く男のお話。日本人監督が、ロシアで、三名ばかりのスタッフで作り上げた、というガッツ溢れる作品。

この世界の片隅に
http://www.konosekai.jp/
こうの史代の漫画、『マイマイ新子と千年の魔法』片渕須直監督脚本でアニメーション映画化。


11/18(金)
ガール・オン・ザ・トレイン
http://girl-train-movie.jp/
世界中でベストセラーとなったミステリー小説の映画化。『ヘルプ 心がつなぐストーリー』テイト・テイラー監督作。エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ルーク・エヴァンス出演。

マイ・ベスト・フレンド
http://mybestfriend.jp
トニ・コレット、ドリュー・バリモア主演。幼い頃からの大親友で、互いの何もかもを知り尽くしているような間柄の二人。しかし、一人は続けて来た不妊治療の甲斐あって妊娠、一人は乳がんになり、二人の間に素直に伝えられない事柄が出来ていく、、、というお話。二人で少女時代からの憧れだった「嵐が丘」の舞台ヨークシャーの荒野に向かう、って展開は良いなー。
監督は『トワイライト 初恋』の、と書くと不安になるけど、『ロード・オブ・ドッグタウン』の、と書くと「おっ」となるキャサリン・ハードウィック。


11/19(土)
灼熱
http://www.magichour.co.jp/syakunetsu/
クロアチア紛争勃発直前の1991年、ユーゴスラビア一連の紛争が終結した2001年、そして2011年、これら3つの時代の、バルカン半島に生きる恋人を描く劇映画。

世界の果てまでヒャッハー!
http://www.hyahha-movie.net
こんなに正しく芸人さんを使った予告編、初めて見ました。良いですね。

高級リゾートで恋人にプロポーズ、、、のつもりが彼女の祖母の世話を押し付けられジャングル秘境ツアーに出た主人公たちが行方不明に。彼らの残したビデオカメラにはトンでもない映像が、、、という『ハングオーバー』のエンド・クレジットを本編にしました的映画。面白そう。

ブルゴーニュで会いましょう
http://bourgogne-movie.com
老舗ワイナリーの再建と、その家族の再生、な映画。『石の微笑』のローラ・スメットが出演してる!と思ったら、最近ちょくちょく映画に出てるんですね。

造られた殺人
http://satsujin-scoop.com
連続殺人事件に関する一世一代のスクープを掴むも、それが大誤報だと気づく、けどその間違ったスクープの通りに殺人事件が起きてしまう、、、という凄く面白そうなお話。主人公がいかにもサエない典型的巻き込まれサスペンス顔してるのがまた良い。韓国はこういう映画うまいよねぇ。

聖の青春
http://satoshi-movie.jp/
難病と闘い29歳の若さで亡くなった棋士、村山聖のノンフィクション小説の映画化。監督は実写版『宇宙兄弟』森義隆、脚本『ふがいない僕は空を見た』向井康介。キャストは松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田顕。

雨にゆれる女
http://www.bitters.co.jp/ameyure/

ホウ・シャオシェン『ミレニアム・マンボ』、ジャ・ジャンクー『山河ノスタルジア』、そして同日公開『聖の青春』でも音楽を担当している半野喜弘が監督脚本編集音楽。出演は青木崇高、大野いと。予告編にある海辺のショットが素晴らしいです。


11/23(水)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
http://wwws.warnerbros.co.jp/fantasticbeasts/
JKローリング原作脚本、『ハリー・ポッター』後半シリーズのデヴィッド・イェーツ監督、ホグワーツ指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者ニュート・スキャマンダーの冒険を描くハリポのスピンオフ。
主演『リリーのすべて』エディ・レッドメイン、ヒロイン『インヒアレント・ヴァイス』元恋人依頼人のキャサリン・ウォーターストン、他にエズラ・ミラー、サマンサ・モートン、コリン・ファレル、ジョン・ヴォイトなどが出演。『ハリー・ポッター』もそうでしたが、役者のハマりっぷりがパーフェクトですね。今回はコリン・ファレルが特に凄そう。


11/25(金)
五日物語 3つの王国と3人の女
http://itsuka-monogatari.jp/
ゴモラ』マッテオ・ガローネ監督作。17世紀初頭に編纂された民話集「ペンタメローネ」の3つのお話を基に映像化。『ゴモラ』がシリアスな現代マフィア&チンピラ映画だっただけに、ここまでファンタジックな題材は意外に感じますが、次回作もピノキオ実写化だそうで、そちらの方面も強い人なのでしょう。ますます今後が楽しみな監督です。

シークレット・オブ・モンスター
http://secret-monster.jp

サルトルの短編小説「一指導者の幼年時代」を元に、政府高官を父に持つ美しい少年が狂気の独裁者へと成長していく様を描く。面白そうだー。
主役の男の子は撮影時9歳のトム・スウィート。ビヨルン・アンドレセンを彷彿とさせる美貌です。
ファニーゲームUSA』でイヤ〜な青年コンビの片割れを演じていた俳優のブラディ・コーベットが、監督脚本制作。1988年生まれでこの風格の作品を生み出すとは。これからの仕事に注目ですね。
さらに音楽はスコット・ウォーカー。映画音楽を担当するのは『ポーラX』以来でしょうか。豪華だなぁ。

メン・イン・キャット
http://mic.asmik-ace.co.jp/
メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督作。大企業の社長がネコになっちゃったコメディ。予算の都合かもしれませんが、このテイストの映画にして日本語吹替版ナシ、という姿勢は豪気があって好き。

イタズラなKiss THE MOVIE ハイスクール編
http://itakiss.net/
多田かおる原作。色々と映像化されていますが映画化は今回が初。

L エル
http://acidblackcherry-movie-l.net
Acid Black Cherryのアルバム「L」の世界観を映画化。監督が『キカイダー REBOOT』下山天、主演に広瀬アリス。共演に高橋メアリージュン、古畑星夏と、僕好みのティーン向けジャンル映画で見かける人がいっぱい出ていて、気になります。


11/26(土)
エヴォリューション
http://www.uplink.co.jp/evolution/
少年と女性しかいない、人里離れた島。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。というファンタジックでロマンチックでディストピアな雰囲気の映画。『エコール』ルシール・アザリロビック監督作。

母の残像
http://hahanozanzou.com/
ラース・フォン・トリアーを叔父にもつヨアキム・トリアー監督3作目。ジェシー・アイゼンバーグ、イザベル・ユペール、ガブリエル・バーン出演。イザベル・ユペールとジェシー・アイゼンバーグが母子、ってキャスティングはそうそう思いつかない大胆さがあって面白い。
それにしても、ドアップで画面に映るだけで「映画」になってしまうイザベル・ユペールには惚れ惚れしますね。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
http://handsoflove.jp/
同性のパートナーでは遺族年金を受け取ることが出来ない、という法と闘う余命半年の女性と、彼女を取り巻く人々のお話。実話ベース。主演ジュリアン・ムーア、そのパートナー役にエレン・ペイジ。

ブルーに生まれついて
http://borntobeblue.jp/
イーサン・ホークがチェット・ベイカーを演じる伝記映画。チェット・ベイカーに関しては本人も出演して良いも悪いも全てさらけ出している"Let's Get Lost"という決定的ドキュメンタリーがありますが、こういうキメキメな劇映画もまた、やさぐれたロマンティズムに満ちたチェット・ベイカーに合ってそう。

ジムノペディに乱れる
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/
日活ロマンポルノ45周年記念、著名監督がポルノを撮る「日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の一作。行定勲監督。板尾創路主演。
板尾創路の濡れ場かぁ。

ホラーの天使
http://www.ytv.co.jp/horaten/
放送禁止』長江俊和監督脚本、葵わかな主演。現在はスタジオとして使われている廃校を舞台に、色んな人が恐怖現象に襲われる映画。ライセンス藤原一裕も出演。あまり映画出てないけど、映画に合う顔してますね。

グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
http://thegreatmuseum.jp/
ウィーン美術史美術館、改装から再オープンの舞台裏密着ドキュメンタリー。

ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち
http://nicholaswinton.jp
二次大戦直前、公的支援を受けることなく、699人のユダヤ人の子供たちをイギリスへ疎開させるも、そのことを家族にさえ一切話していなかったというニコラス・ウィントンのドキュメンタリー。
[ 2016/10/25 04:07 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

プラチナスターズ所感

プラチナスターズ、全員Sランクにしたところでの感想。長いので、本文は追記の方に。
[ 2016/10/14 20:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら