メモ

忘れっぽいです

2018年5月公開映画チェック、前半

5月。

今月新作公開される監督さんは
フォルカー・シュレンドルフ、ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ、アルベルト・セラ、リドリー・スコット、ジョージ・クルーニー、ポール・トーマス・アンダーソン、ウェス・アンダーソン、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ウィル・グラック、アーロン・ソーキン、ショーン・ベイカー、山田洋次、三池崇史、高橋玄、鈴木おさむ、沖田修一、深田晃司、白石和彌
などなど。PTAとウェス・アンダーソンの新作が同日公開って豪華だなー。

そして、大川隆法の若き日を描いた期待の幸福の科学映画『さらば青春、されど青春。』も公開。すげー見たいけど、北海道公開館がどこもウチから車で片道5,6時間コースなのがツライ。
幸福の科学映画はドキュメンタリー『心に寄り添う。』も公開されます。タイトルに句読点入れたがりですね。


http://eiga.com/coming/


5/4(金)
サバービコン 仮面を被った街
http://suburbicon.jp/

ジョージ・クルーニー監督脚本。共同脚本にコーエン兄弟。撮影にポール・トーマス・アンダーソン映画の常連カメラマン、ロバート・エルスウィット。
出演マット・デイモン、ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック。
ジョージ・クルーニーにしろベン・アフレックにしろ、大物俳優の監督作は「失敗する訳にはいかない」と言わんばかりに豪華な人材が投入されるので、大ハズレする事はないでしょうね。


ラプラスの魔女
http://laplace-movie.jp/

東野圭吾原作、三池崇史監督、脚本『神さまの言うとおり』八津弘幸。
三池監督作に甘い僕ですら呆れてしまうくらい『神さまの言うとおり』は退屈でしたが、今回は原作がしっかりしてるから大丈夫かな。
映像はアホみたいにカラコレ入ってますが、VFXシーンとうまく馴染んでいるので、劇場で見たらかなり良いかも。撮影もVFXスーパーバイザーも、ずっと三池監督と組んでいる人。三池監督は多作なだけに、常連スタッフの連携力も高そう。


5/5(土)
名もなき野良犬の輪舞
http://norainu-movie.com/

韓国映画が得意そうな題材だし、痛い描写も楽しそう。
監督が「私はマーティン・スコセッシ、クエンティン・タランティーノ、それにジョニー・トーから多大な影響を受けています」なんて言ってるのを読むと、少々不安になりますが。


D5 5人の探偵
https://www.d5-project.com/
緑川光、小西克幸、岸尾だいすけ、浪川大輔、森久保祥太郎の人気声優5人が探偵を演じる、、、ってだけなら「池袋向け映画だなー」でスルーですが、監督脚本エグゼクティブプロデューサーが『ポチの告白』高橋玄で驚き。こういう仕事もやるんだ。


劇場版プリパラ&キラッとプリ☆チャン きらきらメモリアルライブ
http://pp-movie.com/
新シリーズ始まったばかりで映画作らされるんだから、キッズ商売は大変です。
定番の週替わりコース分岐は、オーロラドリーム、DMF、レインボーライブのプリリズ時代各作品別ルート。昔から見ている大友には嬉しい仕様ですが、お子さまには微妙そう。そもそも劇場でリピートするのは大友だけだからコレで良いのか。


心に寄り添う。
http://aripro.co.jp/products/kokoro-yorisou/

幸福の科学制作ドキュメンタリー。
撮影監修(学生が撮影した映像も使ってるからこういう名義なのかな)に『探偵はBARにいる』シリーズ田中一成、整音に大林監督作の常連録音技師内田誠。この規模のドキュメンタリーでしっかりしたスタッフ使えるのは、資金力の為せる技か、信仰力の為せる技か。


5/11(金)
モリーズ・ゲーム
http://mollysgame.jp/index.php

ソーシャル・ネットワーク』『マネーボール』脚本のアーロン・ソーキン、初の監督作。主演ジェシカ・チャステイン。
日本のタイトルもポスターも予告編もパッとしない辺り、配給会社が売り方を測りかねているように見えます。映画自体はとても良さそう。


ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた
http://bostonstrong.jp
ボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失った人物を、ジェイク・ギレンホール主演で劇映画化。監督『スモーキング・ハイ』デヴィッド・ゴードン・グリーン。


ラブ×ドック
http://lovedoc.asmik-ace.co.jp

映画に関わらないで欲しい人ナンバー1の鈴木おさむ、待望の初監督作。
ストーリー、というかこの映画の価値観はきっと僕が大嫌いなモノでしょうが、ビジュアルは大森一樹や金子修介の低予算映画みたいな空気感があってスキかもしれない。


5/12(土)
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
http://floridaproject.net

タンジェリン』ショーン・ベイカー監督脚本編集制作。『タンジェリン』はiPhone撮影でしたが、今回は35mmフィルム撮影。
ハッシュパピー バスタブ島の少女』のホワイト・トラッシュ版、あるいはハーモニー・コリン映画に良心をプラスしたような雰囲気。コレは良い映画なのでは。


レザーフェイス 悪魔のいけにえ
http://leatherface.jp

屋敷女』のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督で『悪魔のいけにえ』前日譚という、ホラー映画好きをにこやか笑顔にする企画。
しかし監督も撮影もフランス人なせいか、予告編のアメリカ南部っぽさが希薄なのが気になります。イギリスを舞台に『2000人の狂人』的映画を作ったら、ゴア描写は頑張ってるのに今一つテンションが上がらない仕上がりになった『インブレッド』みたいな事にならないと良いけど。


蝶の眠り
http://chono-nemuri.com
マルグリット・デュラス晩年の恋を描いた映画『デュラス 愛の最終章』をベースにした、日韓合作映画。中山美穂主演。中山美穂がクレイジーな言動バリバリする映画だったら面白いのですが、流石にオリジナルの映画や、その元ネタのデュラス自身より遥かにマイルドになっているでしょうね。


さらば青春、されど青春。
http://saraba-saredo.jp/

普通の映画なら「順風満帆な人生に思わぬ事故が!」みたいな事態が起こるところで「神秘現象が!」ってなる予告編、楽しい。
大川隆法の青年時代を、息子の大川宏洋主演で映画化。という幸福の科学映画ファン待望の一作。しかも奥サマ役と主題歌は清水富美加、改め千眼美子。大川宏洋と演技テイスト合うでしょうし、ツーショットも決まってます。
監督は幸福の科学映画前作『君のまなざし』に続き赤羽博。ちょっと昔の日本っぽさがしっかり出てるプロダクション・デザインも、撮影も良い感じ。チラッと見えるVFXは相変わらず酷そうですが。


孤狼の血
http://www.korou.jp

警察小説 x『仁義なき戦い』と評された柚月裕子の小説を映画化、だそうです。「そりゃつまり『県警対組織暴力』じゃないの?」と広能ナマリで言いたくなります。
監督『凶悪』白石和彌、脚本『任侠ヘルパー』池上純哉。


MIFUNE: THE LAST SAMURAI
http://mifune-samurai.com

三船敏郎ドキュメンタリー。
スピルバーグ、スコセッシ、香川京子、司葉子、土屋嘉男、加藤武、夏木陽介、野上照代、中島春雄、中島貞夫、とインタビュー出演者がとても豪華。2016年北米公開済み。制作中はご存命であった加藤武さん、土屋嘉男さん、中島春雄さん、夏木陽介さんはもう亡くなってしまわれました。土屋嘉男さんなんかは、生前最後の映像かもしれません。
映画自体は、80分とタイトな尺なので「三船敏郎入門編」といった感じの内容でしょうか。『太平洋の地獄』監督のジョン・ブアマンとか、演出した人間の言葉も聞いてみたいものですが。
[ 2018/04/20 06:37 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

2018年4月公開映画チェック、後半

4月の再上映モノ。

スコセッシ監督、ザ・バンド解散ライブ映画『ラスト・ワルツ
14日からヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開、とありますが、現状webサイトとか無いっぽい。

4月終わりの28日からKsシネマで「台湾巨匠傑作選2018」
http://taiwan-kyosho2018.com
順次全国公開されるそうです。
最近リマスター版が上映/ソフト化された作品が多いですが、日本では映画祭以外でほぼ上映されていない『スーパーシチズン 超級大国民』は貴重かつ重要かと。


http://eiga.com/coming/


4/20(金)
レディ・プレイヤー1
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

実写では久々の、ジュヴナイル路線スピルバーグ監督作。
予告に『アイアン・ジャイアント』が出てきた時点でもう、今後一切の情報をシャットアウトして公開初日に見に行くっきゃねぇ、という気分になりました。


いぬやしき
http://inuyashiki-movie.com

奥浩哉原作、『GANTZ』佐藤信介監督。
スーパーヒーロー映画全盛時代だからこそ、これだけド直球なスーパーヒーロー物が逆に新鮮かも。こういう路線の『スーパーマン』見たいなぁ。


4/21(土)
タクシー運転手 約束は海を越えて
http://klockworx-asia.com/taxi-driver/

映画は映画だ』『義兄弟』『高地戦』と、今の所スゲェ映画しか監督していないチャン・フン監督最新作。今回も傑作の予感。
主演にド安定のソン・ガンホと、『戦場のピアニスト』で主人公を救うドイツ軍将校を演じたトーマス・クレッチマン。共演にユ・ヘジン。
脚本のオム・ユナも、今後注目の存在になりそうな雰囲気。


やっさだるマン
http://darumans.com

2010年公開の映画『ライトノベルの楽しい書き方』、あれから7年… 佐藤永典、須藤茉麻、竹達彩奈、そして監督・脚本の大森研一が待望の再結集!
という、キャッチがどれだけの人に通じるか分かりませんが、ある種の映画ファンであれば狂喜乱舞せんばかりに嬉しい、ご当地ゆるキャラ映画。
ライトノベルの楽しい書き方』は、ラノベ原作モノとしても、アイドル映画としても、大変に良く出来た傑作でした。ベタなストーリー、あまり達者とは言えない演技、型にハマった典型的キャラクター造形、といったマイナスになりそうな要素が、全てプラスに作用していたのは、作り手が作品理解に優れていたからだったと思います。
今回も、ご当地映画お約束のストーリーの様ですが、ベタをしっかりやれば王道になる、という所を見せつけてくれそう。


リズと青い鳥
http://liz-bluebird.com
ユーフォニアム映画。


さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物
http://sasurai-record.info

すごい人が居るものですね。SPレコード・コレクターという言葉ではヌル過ぎる、「録音」という行為が一般化した時代のポピュラー音楽の、入り口を守る最後の門番、って感じ。


シューマンズ バー ブック
http://www.crest-inter.co.jp/schumanns/

世界中のバーテンダーが尊敬する人物、チャールズ・シューマンのドキュメンタリー、だそうです。


4/27(金)
アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

面白いに決まってるし、今更何を言うことがありましょうか。監督は『ウィンター・ソルジャー』アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟。


パティ・ケイク$
http://www.patticakes.jp

白人女性版『サイタマノラッパー』な映画でしょうか。舞台もニュージャージーだし。


となりの怪物くん
http://tona-kai.jp
主演菅田将暉、土屋太鳳。監督月川翔。この監督さん、少女漫画実写化路線で大成功中ですね。


ママレード・ボーイ
http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/
りぼん、及び日曜朝のアニメ枠でトレンディ・ドラマをやる、というのが『ママレード・ボーイ』の面白い所だったと思うのですが、普通にイマドキのデート映画にしたら「なんだそのオチ」って印象しか残らない映画になりそうな。
ちなみに鈴木亜梨実役は今月出演映画3本目の遠藤新菜。


4/28(土)
マルクス・エンゲルス
http://www.hark3.com/marx/

カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルス、後に「共産党宣言」を提示する事となる二人の物語。というか、共産党宣言がクライマックスに来る感じでしょうか。


ザ・スクエア 思いやりの聖域
http://www.transformer.co.jp/m/thesquare/
フレンチアルプスで起きたこと』リューベン・オストルンド監督脚本。


犯罪都市
http://www.finefilms.co.jp/outlaws/

暴力警察vs中国犯罪組織vs韓国マフィア、と景気の良いぶつかり合いが拝めそうなクライム・アクション。


ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命
http://janejacobs-movie.com

原題 "Citizen Jane: Battle for the City"
合理的都市計画に対し、批判とまったく新しい都市論を展開した「アメリカ大都市の死と生」の著者であり、ニューヨークのダウンタウンに住む主婦であったジェイン・ジェイコブズのドキュメンタリー。


4/30(月)
カトマンズの約束
http://film-creation-nepal.com/promise/

相変わらずダサい画作りの見本市。映像表現論が専門、って大学教授さんがこんなん作ってられるんだから、良い時代ですよね。

[ 2018/03/27 03:53 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2018年4月公開映画チェック、前半

春休みとGWの合間で大作だらけかと思いきや、良さそうな小規模公開の邦画やドキュメンタリーが大量の4月。こういう時は、映画館不毛の地に移り住んだことを悔やみます。

今月新作公開監督は
スピルバーグ、ジェイク・カスダン、トッド・ヘインズ、マーク・ウェブ、ファティ・アキン、ダミアン・マニヴェル、チャン・フン、廣木隆一、園子温、元木隆史、大森研一、三浦大輔、内藤瑛亮、山田尚子、高橋渉、想田和弘など。
監督と題材の相性がとても良さそう、又は、面白い新境地が開けそうな作品が多い印象です。


http://eiga.com/coming/


4/6(金)
ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
http://www.jumanji.jp

ジュマンジ』続編。
今回はビデオゲームの世界に吸い込まれる、ってプロットだけ聞くと『ジュマンジ』や『ザスーラ』みたいなワクワク感が出るのか不安になりますが、北米では昨年のクリスマス興行で大ヒット。評価も上々のようです。
ドウェイン・ジョンソン、ジャック・ブラック主演。
監督は『オレンジカウンティ』『バッド・ティーチャー』ジェイク・カスダン。役者の面白いところ引き出す手腕を期待してのチョイスでしょうか。CGI満載ビッグ・バジェット映画を担当するのは珍しい。


ワンダーストラック
http://wonderstruck-movie.jp/

ヒューゴ』ブライアン・セルズニック原作小説を、トッド・ヘインズ監督で映画化。この二人の名前が並んでるんだから、そりゃ良い映画だろう、という雰囲気。


ダンガル きっと、つよくなる
http://gaga.ne.jp/dangal/
アーミル・カーン主演、という事で『きっと、うまくいく』みたいなサブタイトル付きの高評価スポ根映画。


娼年
http://shonen-movie.com

愛の渦』『何者』三浦大輔監督脚本、原作石田衣良。
ボンヤリ生きていた青年が娼夫になって胸の奥に欲望を秘めた女性たちと出会う、、、一条ゆかり先生の漫画『正しい恋愛のススメ』をシリアスにした感じでしょうか。日活ロマンポルノの傑作『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今・・・』を思わすエピソードもありそうです。
正しい恋愛のススメ』も『夫の眼の前で、今』も、コミカルさや軽さのおかげで、えげつない事やっても世界観に乗りやすかったのですが、本作みたいに徹底してシリアスだと、どうでしょ。


クソ野郎と美しき世界
http://kusoyaro.net

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾主演の4話オムニバス。
監督脚本に、園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一。
「ピアニストを撃つな!」ってトリュフォーみたいな題名の園子温監督作は浅野忠信、満島真之介、稲垣吾郎、そして園子温常連組とキャストが面白くて気になります。



4/7(土)
きみへの距離、1万キロ
http://kimikyori.ayapro.ne.jp

北アフリカとデトロイト、離れた地にいる男女を、遠隔監視ロボットが繋ぐ。というおはなし。良さそう。


ミスミソウ
http://misumisou-movie.com

原作押切蓮介、監督内藤瑛亮、脚本『渇き。』唯野未歩子。
壮絶復讐譚。これこそ、『牛乳王子』の、『先生を流産させる会』の、内藤瑛亮が監督すべき最高の題材という感じ。
撮影『へんげ』『playback』『超能力研究部の3人』四宮秀俊ってのがまた、期待を煽ります。


大和(カリフォルニア)
http://yamato-california.com

韓英恵、遠藤新菜主演。片岡礼子、割礼の宍戸幸司出演。
監督脚本は黒沢清映画で助監督をしていた宮崎大祐。撮影芦澤明子、音楽にCherry Brownと、キャストもスタッフも尖ってます。タイトルも良い。


放課後戦記
http://is-field.com/houkagosenki/
Vシネや低予算映画の常連ネタ、女の子殺し合いモノ。ですが小宮有紗、遠藤新菜、小泉萌香などマジで将来有望な人が出演しているので、若手役者/声優/アイドルの青田買い映画として優秀かも。


映画 きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険
http://movie2018.thomasandfriends.jp
いつの間にやら春のお子さま映画の常連入りしているトーマス映画の最新作。森三中がゲスト声優ですが、予告編や公式サイトでほとんど触れてない謎プロモーション。


港町
http://www.minatomachi-film.com

想田和弘監督、観察映画7作目。
公式サイト、平川克美と内田樹のコメント読むと、相当良さそうな気が。
"出て来る人たちはみんなカメラに向かってよく話す。多くが笑顔で、同意を求めて、感情をこめて話す。無言の時さえ表情は饒舌だ。でも、その笑顔の下にはどこかしら「私の思いが伝わるはずがない」という絶望に似たものが感じられる。"
僕も、絶望するほど世界に期待を抱いてはいませんが、「私の思いが伝わるはずがない」という前提で生きています。


4/13(金)
パシフィック・リム アップライジング
http://pacificrim.jp

前作は全く好きになれなかったけど、今回はアタマのネジゆるそうで良いかも。


映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱
http://www.shinchan-movie.com

傑作モンスターパニック映画でもあったクレしん映画『オラの引越し物語』うえのきみこ脚本で、今回はカンフー映画。しかもジャッキー・チェンの「拳」シリーズや少林寺映画のような修行モノ。コレは面白いでしょう。
監督『ロボとーちゃん』高橋渉。ゲスト声優は、お師匠役に関根勤、ヒロインに潘めぐみ。盤石の布陣ですね。楽しみ。


名探偵コナン ゼロの執行人
http://www.conan-movie.jp
監督が静野孔文から、アニメミライで『デス・ビリヤード』監督した立川譲に変更。脚本は常連、櫻井武晴。
古谷徹CVで「安室」という苗字の敵役が登場するのですが、その名が呼ばれる度にどうしてもアムロ・レイが浮かんできそうな。


4/14(土)
心と体と
http://www.senlis.co.jp/kokoroto-karadato/

どこか人生を諦めている男とおんなが、寝ている時に同じ「鹿の夢」を見る事から繋がっていく、というおはなし。鹿の映像が本当に美しい。ウチの近所で道路に飛び出してきて撥ねられてるシカと大違いですね。
ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。その時の審査委員長はヴァーホーヴェン、というのがまた、信頼できます。


さよなら、僕のマンハッタン
http://www.longride.jp/olb-movie/

(500)日のサマー』マーク・ウェブ監督作。良さそうな青年成長物語。昔のウディ・アレン映画っぽさも感じます。


女は二度決断する
http://www.bitters.co.jp/ketsudan/
ソウル・キッチン』ファティ・アキン監督脚本。


泳ぎすぎた夜
http://oyogisugitayoru.com

若き詩人』ダミアン・マニヴェル、『息を殺して』五十嵐耕平が共同監督。ダミアン・マニヴェルはいかにも「現代のロメール」な監督だと思っていましたが、コレは僕の抱いているレッテルを易々と突き破りそうな雰囲気があります。きっと、良い映画でしょう。
子ども中心の映画という事で諏訪敦彦監督作っぽさも感じましたが、公式サイトにコメント寄せてますね。


聖なるもの
http://seinarumono.com

僕が一番スキなホラー映画、フェリーニの『恐怖の首飾り』を思わす、フェイク・ドキュメンタリー。
フェイク・ドキュメンタリーで松本まりかが出演してると白石晃士の『ノロイ』も想起されます。ごった煮な感じも『ノロイ』っぽい。白石晃士が割と有名になった今となっては難しいかもしれませんが、『ノロイ』は封切り当初は本当に「すごいものを見た」という感慨に浸れる作品でした。この『聖なるもの』も、そういう作品になりそうな雰囲気があります。


闇金ドッグス8
http://yamikin-dogs.com/

安定して面白いシリーズだと思いますが、今回は特に良さそう。仁科貴と小倉久寛が出演だなんて、豪華。味も素っ気もないタイトルですが『ガチバン』と違ってシリーズ何作目か分かりやすくて有難いですね。


ラッカは静かに虐殺されている
http://www.uplink.co.jp/raqqa/

ISISの首都となった街、ラッカの惨状を、SNSを通して世界に伝える市民ジャーナリスト集団のドキュメンタリー。


アメリカン・ヴァルハラ
http://americanvalhalla.jp
イギー・ポップが2016年に出したアルバムのレコーディングとライブのドキュメンタリー。
かつてシアターNで上映していたタイプの映画、今はシネマカリテが受け皿になってるのかな。
[ 2018/03/23 04:05 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら