メモ

忘れっぽいです

2018年2月公開映画チェック

ソシャゲのイベントで100位内なんて目指すモンじゃないですね。さっき軽く昼寝のつもりで横になったら、しっかり本眠になってしまい、いかに寝てなかったのか実感しました。
IMG_9642.jpg


2月の再上映モノ。
ウォン・カーウァイ監督『欲望の翼
http://hark3.com/yokubou/
「華麗なるフランス映画」という淡白なタイトルの企画上映で『太陽がいっぱい』『昼顔』『突然炎のごとく』『ダンケルク』など。
http://cinemakadokawa.jp/france-eiga/


http://eiga.com/coming/



2/1(木)
スリー・ビルボード
http://www.foxmovies-jp.com/threebillboards/

娘を殺害された主婦が、いつまでも犯人を捕まえられない警察に怒り、町外れに警察に向けた3枚の巨大な広告看板を設置。それによって家族が、警察が、町全体が、色々とどうにかなっていくおはなし。
個人的に、何でもインターネットで発言できる(もしくは発言した気になれる)今のご時世、「怒り」や「嫌悪」といった感情を不特定多数に向けて発信するリスクにとても興味があるので、この映画は気になります。
ゴールデングローブ4部門、ヴェネツィア国際映画祭脚本賞など受賞歴多数、恐らくこれから更に増えていくのではないでしょうか。インディー寄りの挑戦的題材をしっかりしたバジェットで製作する、フォックス・サーチライト製作らしい良作の予感。


不能犯
http://funohan.jp
漫画原作で松坂桃李、沢尻エリカ主演。白石晃士監督作。
白石監督、いよいよ規模の大きな映画を任されるようになってきましたね。


2/2(金)
RAW 少女のめざめ
http://raw-movie.jp

今年最初の要注目作、と言って良いのではないでしょうか。
予告編を見てもどんな映画かサッパリですが、ヴィーガンの少女がカニバリズムに目覚めてしまう、というおはなし。エグそうな内容ながら各種映画祭や映画誌で軒並み高評価。少女の成長映画としても、定期的にホラー映画の基準を刷新していくフレンチ・ホラーの最新系としても、楽しみな一作。


2/3(土)
花咲くころ
http://www.hanasakukoro.com

ジョージア(グルジア)映画。木下恵介映画みたいな邦題が素敵です。
日本では旧ソ連圏やバルト三国の映画は上映機会が少ないですが、本作は全国10館のミニシアターで公開される貴重な作品。それだけの期待作、良心作なのではないでしょうか。
こういう映画に観客、入って欲しいですね。そして今後にも繋がって欲しい。いい加減、シャルナス・バルタスの映画くらい公開できるようにならんかな日本。


アバウト・レイ 16歳の決断
http://aboutray16-eiga.com
エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドン共演の、トランスジェンダー物。エル・ファニングの演技が凄そう。


羊の木
http://hitsujinoki-movie.com/
山上たつひこ原作、いがらしみきお作画の漫画、吉田大八監督で映画化。漫画好き、邦画好き、両者にグッとくる名前が並んでおります。
キャストも北村一輝、水澤紳吾、松田龍平、川瀬陽太と不穏な顔面が並んでいて、良さそう。


blank13
http://www.blank13.com

斎藤工、初の長編監督作。予告編の時点で予想を裏切ってくる面白さがあります。
キャストも面白くて、高橋一生、松岡茉優と旬の人に、大ベテランの織本順吉、言わずもがなの実力派村上淳、川瀬陽太、佐藤二朗、波岡一喜、そして芸人さんもミュージシャンもアーティストも漫画家も杉作J太郎も出演。キネ旬にも映画秘宝にもアピール出来る、隙の無いキャスティング。ヘタな人がコレやったら狙いすぎで嫌味になりそうですが、この監督なら全くあざとくならない。斎藤工さんの人徳と人柄を感じます。


苦い銭
http://www.moviola.jp/nigai-zeni/

王兵(ワン・ビン)監督作。今回は縫製工場で働く人々のドキュメンタリー。
公式サイトにある、撮影参加している日本人スタッフのインタビューが良いです。
“ワンカット最低10分は止めるな、30分だって撮れる”
“何も起こらなくても心配するな。そこでは必ず何かが起こっている。フィックスでもフレーム外の内容が入ってくる”
とか、ワン・ビン監督イイコト言いなさる。


2/9(金)
マンハント
http://gaga.ne.jp/manhunt/

ジョン・ウー監督、福山雅治主演で、あの愛おしいポンコツ映画『君よ憤怒の河を渉れ』リメイク、という夢の企画。
原作小説は未読ですが、映画の方の荒唐無稽さはジョン・ウーの漢ファンタジーと相性完璧なハズ。こんなん絶対面白いでしょ。


コンフィデンシャル 共助
http://kyojo-movie.jp

韓国映画お得意の凸凹バディ物+南北朝鮮の人間が共闘、で思いっきりエンターテインメントなアクション映画。メッチャ派手で面白そうなのに、邦題地味っすね。


SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015-2016 旅するソングライター “Journey of a Songwriter”
http://hamasho-tabisuru.jp

予告編の世界観というか、価値観というか、スゴイ。英語=カッコイイ、みたいな感覚。勉強になります。
映画自体は、ライブ・ビューイング・ジャパン配給の、いつもの無駄に料金高いヤツですね。


2/10(土)
悪女 AKUJO
http://akujo-movie.jp

殺人の告白』チョン・ビョンギルが監督脚本の暗殺者アクション。
とてもベタな設定で、リュック・ベッソン製作だったらどうしようもない映画が出来上がるでしょうが、イケイケな韓国映画なので面白いでしょう。こちらは監督がスタント出身ということもあって『アジョシ』みたくアクション面のブレイクスルーまで期待できるかも。


ゆれる人魚
http://www.yureru-ningyo.jp

ポーランド産、ダーク人魚ファンタジー映画。
予告からはアンジェイ・ズラウスキー+ツァイ・ミンリャンのミュージカル、という印象を受けます。


今夜、ロマンス劇場で
http://wwws.warnerbros.co.jp/romance-gekijo/

白黒映画のヒロインがスクリーンから抜け出して、彼女に恋する青年の前にやってきた!という、映画好きの琴線に触れそうな設定の映画。
予告編を見ると『カイロの紫のバラ』『カラー・オブ・ハート』『また逢う日まで』それに『ローマの休日』辺りのヘプバーン映画などがアタマに浮かんで来ます。
監督は『のだめ』『テルマエ』武内英樹。熱心な映画好きが軽視しがちな売れ線邦画の監督さんとしては、割と良心的な映画を作る人、という印象ですが、流石にこの題材はどうかな。


霊的ボリシェヴィキ
https://spiritualbolshevik.wixsite.com/bolsheviki

コアな日本ホラー映画ファン待望の、高橋洋監督脚本作。
本作公開に合わせたのか『旧支配者のキャロル』がまさかのDVD化してたり、『女優霊』『蛇の道』収録の高橋洋脚本集が発売されたりと、周辺も楽しい事になってます。


犬猿
http://kenen-movie.jp
𠮷田恵輔監督脚本。


富美子の足
http://tanizakitribute.com
谷崎潤一郎の短編を現代劇にするシリーズ "TANIZAKI TRIBUTE" の一つ。
ワタクシがここ数年注目している監督さん、『リュウグウノツカイ』ウエダアツシ監督脚本編集。


ぼくの名前はズッキーニ
http://www.boku-zucchini.jp

スイス産ストップモーション・アニメ。
メジャーなスタジオが製作するストップモーション物はコンスタントに日本に来ていますが、英米以外の作品が公開されるのは割と珍しいかも。何年か前にオーストラリア産の『メアリー&マックス』って大号泣必至のクレイアニメがありましたが、本作も破壊力高そう。


2/16(金)
グレイテスト・ショーマン
http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/
「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムを描いたミュージカル。脚本に『セックス・アンド・ザ・シティ』ジェニー・ビックス、そして『シカゴ』でアカデミー脚色賞受賞のビル・コンドン先生。


リバーズ・エッジ
http://movie-riversedge.jp/
岡崎京子の代表作、遂に実写映画化。
岡崎センセーは90年代最大の作家と言っても良いレベルの漫画家だと思うのですが、『ヘルタースケルター』は蜷川実花、今回は行定勲と、あんまり監督に恵まれませんね。


2/17(土)
ウイスキーと2人の花嫁
http://www.synca.jp/whisky/

島民総出で5万ケースのウイスキーを隠す、楽しそうなコメディー。1949年にも映画化されているおはなしで、ソッチも面白そうですが日本未公開未ソフト化。古めのイギリス映画は、監督や役者がハリウッドに渡って成功したヒッチコックみたいな人の作品じゃないと、なかなか日本で日の目を見ないですね。


ザ・メイヤー 特別市民
http://klockworx-asia.com/themayor/

チェ・ミンシク、クァク・ドウォン、シム・ウンギョンと豪華キャストで、ドロドロのソウル市長選挙戦サスペンス。


サニー/32
http://movie-32.jp

凶悪』白石和彌監督、高橋泉脚本、ピエール瀧&リリー・フランキー出演。


パンとバスと2度目のハツコイ
http://pan-bus.com

今泉力哉監督脚本。いかにもこの人の映画、って感じ。


ライカ
http://is-field.com/laika/

映画「ライカ」今関あきよし監督作品―予告編 from 映画「ライカ」/今関あきよし監督作品(2018年公開) on Vimeo.


今関あきよし監督作。撮影『この空の花』『野のなななのか』三本木久城。
ちょっとファンタジックな空気感のガールズ映画は、今関監督の得意とするところでしょうし、撮影との相性も良さそう。


絵文字の国のジーン
http://www.emoji-movie.jp
原題 "The Emoji Movie"
アメリカでは怒涛の低評価で逆に見たくなる映画。日本語吹替キャストが櫻井孝宏、中田譲治、子安武人などやたらと豪華。


2/23(金)
The Beguiled 欲望のめざめ
http://beguiled.jp

ソフィア・コッポラ監督脚本。コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルスティン・ダンスト、エル・ファニング出演。
ソフィア・コッポラ映画好きは、予告編を見ずにとっとと映画館に行った方が良さそうな気がします。傑作の予感。


リーディング エドガー・ケイシーが遺した人類の道筋。
http://officetetsushiratori.com/readings/

白鳥哲監督、どスピリチュアルなドキュメンタリー。
スピ系に無関心な人間が、ガチな観客の皆様に混じってこういう映画を見るとかなりの緊張感を味わえて、映画体験として楽しいのでオススメ。


2/24(土)
空海 美しき王妃の謎
http://ku-kai-movie.jp

日中合作、チェン・カイコー監督、染谷将太主演。豪華絢爛ポンコツ映画になるとしか思えませんが、チェン・カイコーに求めるモノってソレだよな。


さよならの朝に約束の花をかざろう
http://sayoasa.jp/
岡田麿里脚本、そして初監督映画。

[ 2018/01/27 13:34 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年下半期ニコマス20選

2選。


-----

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31766252
[ミリオンライブ!シアターデイズ ] Hummingbird feat. Merzbow
投稿者:Alberto さん

エフェクトによって映像が表情を変えていくさまを、1カット長回しで進行するハミングバードMVで見せる、見事なノイズのショーケース。

「ノイズで鳥と言えばメルツバウ」
というノイズ・リスナーの常識をストレートにアイマスMAD化。
アイマスで鳥なら「蒼い鳥」もありますが、家庭用機版のカット切りまくりAUTOカメラやLONG長回しでは、これ程の面白さは出なかった訳で。僕が家庭用機全盛時代に同じことを思いつかなくて本当に良かったです。

動画編集ソフトの妙なエフェクト順番に使いました、という感じを隠す気も無い潔さ、崇高ですらある1:45辺りのエフェクトをクライマックスに持って来ない素っ気なさも、ステキです。長いこと動画編集してると小綺麗に飾る事ばかり覚えて、こういう大胆さを忘れてしまいます。


-----

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32070109
伸う伸う
もぼぞんえP

やわらかな質感の映像と、めまぐるしいカット割りが、ごく自然に共存する、とんでもないMAD。

高速カットインを多用するヒップホップMVや、

2017年mostソフィスケイテッドかつキレキレなDiorのPV、

観客の視覚を幻惑させるべく攻撃的な編集をしていたゴダールの3D映画『さらば、愛の言葉よ』など、

バキバキな編集を施される映像は、映像質感もバキバキである事がほとんどです(デジタルらしいハッキリクッキリ画質だったり、コントラスト高めだったり)。

『伸う伸う』の、絹のような質感の映像にバキバキの編集を施してしまうスタイルは相当に珍しい。そして格好良いです。いずれ、映像のトレンドとしてこういうの来ても不思議じゃないくらい、格好良い。

実際、GoldLinkのライブ映像はソフトな質感が増しておりMVも同じ方向に進むかもしれませんし、大手ファッションブランドが相変わらずキッチュでバキバキ方向を引きずっている中で若いブランドはフワフワでバキバキを指向しつつあるように感じます(下記の動画はふわふわバキバキというよりレトロスタイルなだけかもしれませんが)。


『伸う伸う』が時代の先を行ってるのか、ハズれているだけなのか分かりませんが、いずれにせよ異質で面白い映像が、なんだかんだで長いことアイマスMAD作ってるこの人からぼろっと零れ落ちてくるのは、味わい深いです。
[ 2018/01/03 14:55 ] 好きなアイマス動画 | TB(0) | CM(0)

2018年1月公開映画チェック

年が明けました。
2018年、どんな映画がありますかね。
とりあえず、一番見るのが怖い映画は『リバーズ・エッジ』な、思春期=岡崎京子のワタクシです。

今月は、ビデオスルーになりそうな映画をギリ映画館で上映する毎年恒例の企画、ヒューマントラスト渋谷とシネ・リーブル梅田で「未体験ゾーンの映画 たち 2018」が始まります。
https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2018
僕が気になるのは
近年充実の豪州犯罪映画の中でも特に凄惨そうな『アニマルズ 愛のケダモノ
黒魔術で殺人犯へ復讐しようとする『ドント・イット
『ファーザーズ・デイ』監督脚本組の『ザ・ヴォイド
スティーブン・C・ミラー監督、ヘイデン・クリステンセンとブルース・ウィリス出演という名前の並びから駄作の予感しかしない『ファースト・キル
辺りでしょうか。



http://eiga.com/coming/



1/5(金)
キングスマン ゴールデン・サークル
http://www.foxmovies-jp.com/kingsman/

前作同様マシュー・ヴォーン監督脚本、ジェーン・ゴールドマン脚本。キャストもコリン・ファース、タロン・エガートンと前作のメインは勿論登場。
今回はアメリカ組の「ステイツマン」が登場するとの事で、新規参戦エージェントとして、USA感溢れるチャニング・テイタムとジェフ・ブリッジス、そしてハル・ベリーが参加。
悪役はジュリアン・ムーア。キャリア長いけどド悪役はあまりやってない気が。リメイク『キャリー』の母親役くらいじゃないでしょうか。
さらにエルトン・ジョンも出演。ドキュメンタリーはちょくちょく出てるかもしれませんが、劇映画は『カントリーベアーズ』以来かな。


嘘八百
http://gaga.ne.jp/uso800/
百円の恋』武正晴監督、足立紳脚本。中井貴一、佐々木蔵之介主演。


ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編
http://naoto-tabiuta2.com
恐怖のナオト・インティライミ世界旅行ドキュメンタリー2の完結編。泣ける出来、だそうです。楽しみです。この人のwikipeを見たのですが「放浪歴」って項目がキレてますね。


1/6(土)
レディ・ガイ
http://gaga.ne.jp/lady-guy/

凄腕の殺し屋野郎が、マッド女医によってミシェル・ロドリゲス姐貴に性転換手術させられちゃった!という楽しくもアタマ悪いおはなし。
何とウォルター・ヒルが監督脚本、ミシェル・ロドリゲス主演でシガニー・ウィーバー出演。
音楽はジョルジオ・モロダーとラネイ・ショックニー。2016年発売の『トロン』ゲームのサウンド担当がこの二人だったのですが、この映画でも全曲担当してるのかな。
既に公開済みのアメリカ評価は、好き嫌いハッキリ分かれてる感じでしょうか。監督としては、昔ながらのヘンテコ題材なB級映画がやりたいだけなのでしょうが、ネタがネタなだけに、トランスジェンダーの問題を軽く見てるんじゃない?という批判もあるようです。


恋の病
http://ainoyamai-movie.com/

女の穴』『ちょっとかわいいアイアンメイデン』吉田浩太監督作。
実際の事件「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」をベースにした重めのおはなし。いつもは軽めなテイストが入るこの監督さんが如何に料理するか楽しみ。


映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me
http://www.anime-chu-2.com
完全新作ストーリー。タイトルださくて良いですね。


1/12(金)
戦狼 ウルフ・オブ・ウォー
http://senrou-movie.jp/

ウー・ジン監督脚本制作主演!『アトミック・ブロンド』スタントコーディネーターをスタッフに迎えたインターナショナルで本気度の高いウー・ジンの俺様映画。見ないわけにはいかない一作。


ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
http://renegades.asmik-ace.co.jp

アタマ弱そうなタイトルに、リュック・ベッソン脚本。かなーり見る気が失せる臭気を発しておりますが、もう一人の脚本に『イコライザー』リチャード・ウェンク、監督に2014年の隠れ大傑作『イントゥ・ザ・ストーム』スティーブン・クォーレと、面白そうな組み合わせ。
撮影ブライアン・ピアソンは『アメリカン・ドクターX』『ドライブ・アングリー3D』『イントゥ・ザ・ストーム』、そしてシリーズ中一番マシな『インシディアス 序章』と、僕の好きな映画たくさん担当してますね。
キャストは僕の知らない人ばかりですが、チームの鬼上司みたいな役でJ・K・シモンズ出演させる辺り、いかにも最近のハリウッドの良いトコ取りしようとするベッソン制作って感じ。


1/13(土)
目撃者 闇の中の瞳
http://mokugekisha.com/

台湾製サスペンス映画。演出がモロにホラー映画で楽しそう。


劇場版 マジンガーZ INFINITY
http://www.mazinger-z.jp

監督は、個人的プリキュア映画最高傑作『プリキュアMH2 雪空のともだち』やワンピースのいかにも泣かせ映画なチョッパー加入エピソード『冬に咲く、奇跡の桜』のベテラン志水淳児。この人に限らず、東映アニメーションのベテラン勢ってインタビュー記事とか露出少ないっすね。インタビュー本作ったら面白い話いっぱい出てきそう。
脚本は漫画家ユニット「うめ」の小沢高広。音楽は渡辺宙明のご子息、渡辺俊幸。
キャストは兜甲児に森久保祥太郎、弓さやか茅野愛衣はじめ、知ってる人しか居ない、という感じの豪華メンツ。


西遊記 ヒーロー・イズ・バック
http://saiyuki-movie.jp/

中国産3DCGアニメーション。レベル高そう。


ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男
http://dries-movie.com/

ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー。音楽はレディオヘッドのコリン・グリーンウッド。年始にして2018年のベスト・ファッション系ドキュメンタリーになりそう。


1/20(土)
ガーディアンズ
http://gaga.ne.jp/guardians/

ロシア産スーパーヒーロー映画。
最近ちょくちょくロシアのジャンル映画が日本でも公開されておりますが、どれもハリウッド・コピー感が拭えないのが寂しい所。とは言え『オーガストウォーズ』みたいなロシアだからこそ作り得た奇跡のロボット映画もあるので油断できません。


ルイの9番目の人生
http://louis9.jp

監督『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』アレクサンドル・アジャ。『ソーシャル・ネットワーク』インド系のディヴィヤ・ナレンドラ役など役者業メインのマックス・ミンゲラが制作脚本。


星くず兄弟の新たな伝説
http://stardustbros.com/

手塚眞の商業デビュー作で、ついでに言うと僕のオールタイムベストの一つである『星くず兄弟の伝説』の、何と30数年ぶりとなる続編。
監督脚本はモチロン手塚眞。ケラ共同脚本。主演のカンとシンゴに『仮面ライダーオーズ』アンクの三浦涼介と『仮面ライダーキバ』紅音也の武田航平。
その他のキャストに荒川ちか、キュアサニーCVの田野アサミ、板野友美、浅野忠信、井上順、野宮真貴、夏木マリ、内田裕也。俺の琴線にビンビン来るキャスティングで、特に荒川ちかと田野アサミが嬉しすぎます。
更に前作主演コンビ高木完と久保田慎吾、ワルモノ役のISSAYも出演。


嘘を愛する女
http://usoai.jp/
DAIGO.jpg
シリアス映画で、DAIGOを、ダサ眼鏡ハッカー役に起用。というトリッキーな配役が面白そう。
「ゆうちょ銀行」など数々の人気CMを手がけた中江和仁の初監督作、と言われてもテレビ見ない人間にはサッパリ分からないのですが、DAIGOさんを上手く扱えるのなら、その監督さんは信用できるでしょうね。


季節の記憶(仮)
http://kisetsunokiokukari.com

コメント寄せてる面子が凄い。面白いのでは。


ライオンは今夜死ぬ
http://www.bitters.co.jp/lion/

諏訪敦彦、久しぶりの監督作。そして主演は『大人はわかってくれない』ジャン=ピエール・レオー。他のキャストも出演作にブレッソン、シャブロル、ゴダールといった名前が並んでて壮観です。
個人的に、(好きな監督はたくさんいますし、素晴らしい映画が日々生まれ、新たな才能が登場しているのは承知していますが)数年前にオリヴェイラというバケモノ監督が亡くなって、僕に「映画」のすごさ/面白さ/とんでもなさを確実に見せつけてくれる監督はゴダールだけになっちゃったなー、という気分でしたが、いやいやこの監督がいるじゃないか、と予告編で思わされました。楽しみです。


1/26(金)
デトロイト
http://www.longride.jp/detroit/
キャスリン・ビグロー監督作。


ザ・リング リバース
http://thering-movie.jp

ハリウッド『リング』シリーズ3作目。『貞子』よりは面白そうですよね。


風の色
http://kaze-iro.jp

猟奇的な彼女』クァク・ジェヨン監督脚本で、キャストや製作は日本な映画。この監督の映画って、どこかポンコツなところがあって、そこを許容できればイケるのですが、ダメな時はとことんダメ、という印象があります。今回は、、、ヒゲっぷりを見るにヤバそうな。


1/27(土)
ジュピターズ・ムーン
http://jupitersmoon-movie.com

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲ラプソディ』コーネル・ムンドルッツォ監督


殺人者の記憶法
http://www.finefilms.co.jp/kiokuho/

アルツハイマーで記憶が曖昧な元連続殺人犯 vs 現行連続殺人犯、と楽しげな設定。監督『サスペクト 哀しき容疑者』ウォン・シニョン、脚本『オールド・ボーイ』ファン・ジョユン、撮影『ベルリンファイル』チェ・ヨンファン、と韓国映画で実績あるスタッフ陣と役者が揃っております。


ROKUROKU
http://rokuroku.rgr.jp

原作&総監督雨宮慶太、監督山口雄大によるホラー映画、、、というより妖怪映画、と呼ぶのが相応しそうな映画。『牙狼』シリーズでどうにも気になってしまうチープなVFXが、お化け屋敷チックな妖怪たちにはプラスに働きそうな気がします。


デヴィッド・リンチ:アートライフ
http://www.uplink.co.jp/artlife/
リンチが自身について語るドキュメンタリー。僕が映画に目覚めるキッカケの一つは『イレイザーヘッド』なので見たいような、でも最近のリンチはあんまりグッと来ないので見たくないような。
[ 2018/01/01 19:46 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら