メモ

忘れっぽいです

2017年6月公開映画チェック、後半

6月の新作公開監督は、メル・ギブソン、アンジェイ・ワイダ、アスガー・ファルハディ、クリスチャン・デュゲイ、ポール・シュレイダー、ピーター・バーグ、ジェームズ・マンゴールド、マイク・ミルズ、ガイ・リッチー、J・A・バヨナ、ベニー・チャン、小林政広、篠原哲雄、清水崇、城定秀夫、入江悠、熊切和嘉、西谷弘、内田伸輝、永江二朗、水谷豊、坂本浩一、松江哲明&山下敦弘など。


http://eiga.com/coming/


6/16(金)
レイルロード・タイガー
http://railroadtiger-movie.jp/

近年の成龍映画では相当上等な『ポリス・ストーリー レジェンド』のディン・シェン監督とジャッキー・チェン主演コンビで、機関車アクション・コメディ。久しぶりにジャッキーの息子、ジェイシー・チャンも映画出演。
バスター・キートン正当後継者とも言えるジャッキーが、キートン映画最高峰『キートン将軍』を思わす機関車アクション。期待したいです。欲を言うなら、もっと若い時にこの設定やって欲しかった。


映画 山田孝之3D
http://www.tv-tokyo.co.jp/yamada_cannes/takayuki_yamada_the_movie_3d/

「山田孝之のカンヌ映画祭」からの流れで生まれた映画。監督、山下敦弘&松江哲明。山下監督は『超能力研究部の3人』で劇映画もフェイク・ドキュメンタリーもないまぜにする奇妙な世界をモノにしてるし、松江監督は『フラッシュバックメモリーズ 3D』で3Dドキュメンタリー実績もあるし、何せ山田孝之だし、面白いでしょうね。


6/17(土)
キング・アーサー
http://wwws.warnerbros.co.jp/king-arthur/

ガイ・リッチー監督作。この監督の映画の面白さって、主役のキャラ立ちが担ってる部分が大きいと思うんですが、予告見る限りでは今回の主役は薄味そうな。敵役のジュード・ロウは濃そう。


世界にひとつの金メダル
http://sekakin.com

実話ベース馬術映画。主演&脚本は、両親が馬の飼育場を営み、自身も馬術競技選手経験のあるギョーム・カネ。
監督は『スキャナーズ』2.3作目や、フィリップ・K・ディック原作映画でも屈指の傑作『スクリーマーズ』でジャンル映画ファンに馴染み深いクリスチャン・デュゲイ。昔の作風からSFオタクのインドア系かと思ってたら、監督も馬術競技元カナダ代表という経歴があるそうで。


ドッグ・イート・ドッグ
http://dogeatdog-movie.com

タクシー・ドライバー』脚本のポール・シュレイダー監督。ニコラス・ケイジ、ウィレム・デフォー主演。
正直『キック・アス』以降のニコラス・ケイジ主演作は、どんな映画もそれなりに面白く見ようと努めているいる僕ですらキツイ物が多く、2011年『デビルクエスト』、2012年『ブレイクアウト』、2013年『ゴーストライダー2』、2014年『トカレフ』、2015年『ザ・レジェンド』と、毎年その年のワースト級を繰り出してくるので逆に見ずにおれない所があります。が、本作は素直に面白そうですね。


リベンジ・リスト
http://gaga.ne.jp/revenge.list/

96時間』『アジョシ』『ジョン・ウィック』系の、怒らせた相手が悪かったリベンジ・アクション。ジョン・トラヴォルタ主演。
監督はジム・キャリー『マスク』、シュワちゃん『イレイザー』のチャック・ラッセル。2002年ザ・ロック主演『スコーピオン・キング』以来の監督作。これだけヒット連発してた人が10年以上キャリアにブランク空くのか。


心に吹く風
http://kokoronifukukaze.com

松竹ブロードキャスティングが沖田修一、橋口亮輔といった面白い監督にオリジナル作品を撮らせているシリーズの第四弾。
今回の起用監督は『冬のソナタ』監督脚本ユン・ソクホ。初の劇場監督作。撮影『ナビィの恋』高間賢治。撮影スタッフ全て日本人でこのロマンチズム溢れる画を作ってしまう監督力すごいなー。
主演は眞島秀和と、『月とキャベツ』ヒロインの真田麻垂美。真田麻垂美さんは2001年から俳優活動休止してアメリカ留学していたそうで、本作で久々の復帰。
これは大変に僕好みな映画の予感。


TAP THE LAST SHOW
http://www.tap-movie.jp

水谷豊初監督作。スタッフは撮影会田正裕、美術近藤成之、監督補杉山泰一など、『相棒』や『少年H』など水谷豊主演作に参加経験を持つ盤石の布陣。


こどもつかい
http://kodomo-tsukai.jp/
清水崇監督のホラー。滝沢秀明、有岡大貴、門脇麦出演。


スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー
ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド エピソードゼロ

http://www.space-squad.net/
東映の特撮ヒーローたちがチームを結成する「スペース・スクワッド」シリーズ第一弾。とか言われても新鮮味も無けりゃワクワクもしないのが東映特撮ヒーロー。東映ビデオ配給作品なので、Vシネを一応劇場でも公開しておく、といった感じでしょうか。
ギャバンVSデカレンジャー』と『ガールズ・イン・トラブル』の二本立て上映で、どちらも坂本浩一が監督。
今回は2代目ギャバン+デカレンジャーの刑事チームが共演。初代ギャバン大葉健二や白鳥スワンの石野真子、原幹恵なども出演。
同時上映の『ガールズ・イン・トラブル』はデカレンジャーと近年の宇宙刑事シリーズのヒロインが共演する作品。こっちも原幹恵、そして佃井皆美や、『赤xピンク』桃瀬美咲も出演。


霊眼探偵カルテット
http://www.reigantantei-karutetto.com

僕の好きそうなティーン向けホラー。


約束の地、メンフィス テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー
http://www.curiouscope.jp/Memphissoul/

メンフィスに所縁あるミュージシャンが、世代もジャンルも越えて集結し、レコーディングするプロジェクトを追ったドキュメンタリー。


6/23(金)
フィフティ・シェイズ・ダーカー
http://fiftyshadesmovie.jp
人気ロマンス小説原作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編。


6/24(土)
ハクソー・リッジ
http://hacksawridge.jp/

待望のメル・ギブソン監督作。銃もナイフも持たず戦場に向かい、75人の兵士を救出した米軍衛生兵の実話ベース映画。


ジーサンズ はじめての強盗
https://warnerbros.co.jp/movie/g3z/

モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン主演、タイトル通りの爺さんが強盗映画。「爺さんが○○する」系映画最強の『狼たちの処刑台』マイケル・ケインが出てる時点で失敗する気がしない。他にクリストファー・ロイド、最近あんまり映画で見ないマット・ディロン出演。


マローダーズ 襲撃者
http://marauders.jp

ブルース・ウィルス出演だけが売りのクライム映画っぽいですが、デイヴ・バウティスタ演じるやたらガタイの良い捜査官の風体が面白い。それだけでもう見たい。


ぼくらの亡命
http://ourescape.makotoyacoltd.jp

監督脚本音響編集制作もろもろ『ふゆの獣』『さまよう獣』内田伸輝。傑作『ふゆの獣』は未だソフト化されていないので、これも劇場で見逃すと、見る機会が無くなってしまうかもしれません。


イイネ!イイネ!イイネ!
http://iineiineiine.official-movie.com
クレイジーケンバンド出演、劇映画。共演に中野英雄、伊原剛志、金子賢、秋吉久美子など。
監督は門馬直人。監督作は見たことないですが、片嶋一貴監督映画で制作クレジットされている方。脚本は一雫ライオン。この監督絡みの映画や、僕には高評価の実写版『やるっきゃ騎士』で脚本担当。


ひだまりが聴こえる
http://hidamari-kikoeru.com

高橋ナツコ脚本で池袋上映なBL映画。この手の映画は、大胆な裸シーンやキスが見せ場になる事が多いですが、本作はあんまりそういう側面がなさそうな慎ましい雰囲気。これはジャンルに興味ない人にも拾い物になるかも。


ラオス 竜の奇跡
http://saynamlai.movie
日本ラオス合作という珍しい制作体制映画。『天国からのエール』熊澤誓人監督。栗コーダーカルテット音楽。


6/30(金)
兄に愛されすぎて困ってます
http://anikoma-movie.jp

少女漫画原作実写化。監督『俺物語』河合勇人。映画初出演となる GENERATIONS from EXILE TRIBE 片寄涼太の、こなれていない堅い演技が良い方向に働いて面白くなりそうな。
[ 2017/05/28 13:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年6月公開映画チェック、前半

6月。大作控えめなお陰で、バラエティに富んだラインナップ。

特集上映では、新宿K'sシネマで行われる「彩プロ30周年記念特集上映」が面白そう。
妙にエロいジャケのVシネ、通好みのミリタリー映画、秀作アジア映画、ミニシアターでロングヒット系映画など、制作&配給映画のラインナップが楽しい会社、彩プロの設立30周年企画だけあって、面白いプログラムです。
http://www.ayapro30.ayapro.ne.jp
好きな人は徹底的に好きであろう戦車映画『ホワイトタイガー』は大きい画面(とはいえK'sシネマは小さい小屋だけど)で見たい映画ですが、この機会を逃すともうスクリーンで見るのは難しいでしょうね。


http://eiga.com/coming/



6/1(木)
LOGAN ローガン
http://www.foxmovies-jp.com/logan-movie/

ヒュー・ジャックマン主演のウルヴァリン物3作目。予告編見たら『センチメンタル・アドベンチャー』みたいなイーストウッドのイイ映画っぽくて、えらく面白そう。
監督は前作『ウルヴァリン SAMURAI』に続きジェームズ・マンゴールド。『3時10分、決断のとき』を監督してるだけに、本作の世界観は得意とするところでしょう。


ゴールド 金塊の行方
http://www.gold-movie.jp/
トラフィック』『シリアナ』スティーヴン・ギャガン監督、マシュー・マコノヒー制作主演。


6/3(土)
20センチュリー・ウーマン
http://www.20cw.net/

マイク・ミルズ監督脚本。自身の父親が題材だった前作『人生はビギナーズ』から、今回は母親を題材に。自身の母親のおはなしに、このタイトルをつけるなんてイカしてますね。
出演『キッズ・オールライト』での母親役も良かったアネット・ベニング、『フランシス・ハ』以降飛ぶ鳥を落とす勢いなグレタ・ガーウィグ、そしてエル・ファニング。今のアメリカ映画界で最上の女優揃えました!というメンツ。超見てぇけど北海道は札幌だけか。
公式サイトで「1979 RADIO」という監督が選曲したミックス・テープ的なモノが聴けまして、これが見事に僕が学生時代に散々聴いたアーティストだらけ。これだけ同じモノを聴いて育ちながらこうもイカさない人間に育った自分が悲しい。


ブラッド・ファーザー
http://b-father.jp/

メル・ギブソン父ちゃんが、かつて歩んだワルの道で培ったスキルで娘を守る、大変楽しそうな映画。
監督にリメイク版『要塞警察』のジャン=フランソワ・リシェ、脚本に『ザ・タウン』ピーター・クレイグと、『ストレイト・アウタ・コンプトン』アンドレア・バーロフ。一応フランス制作の映画。カナダほどではないにしろ、フランスも割となんちゃってアメリカ映画を作るのはリュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープの影響でしょうか。


ザ・ダンサー
http://www.thedancer.jp

19世紀末に活躍し、1900年のパリ万博でのパフォーマンスや、最初期の映画で撮影対象となった事により、世界中に影響を与えたダンサー、ロイ・フラーの伝記映画。
監督脚本はミュージック・ビデオ出身で長編初監督のステファニー・ディ・ジュースト。共同脚本にジャック・オディアール監督作の常連トマ・ビドガン。撮影ギャスパー・ノエ映画常連ブノワ・ドビー。衣装オリヴィエ・アサイヤス映画常連アナイス・ロマン。
初監督作でこれだけのスタッフつけてるんだから、映画進出以前の仕事の実績すごいんでしょうね。


ラプチャー 破壊
http://gaga.ne.jp/rupture/

「一番嫌いなモノを与え続けてみよう」とひたすら蜘蛛まみれにされる人体実験ホラー。
セクレタリー』『毛皮のエロス』スティーヴン・シャインバーグ監督。『ハードキャンディ』やシャマラン制作『デビル』のブライアン・ネルソン脚本。『アンチヴァイラル』カリム・ハッセン撮影。主演は『プロメテウス』の傑作手術シーンも記憶に新しいノオミ・ラパス。
「とにかく見る人間をイヤな気分にしたい」という気概を感じさせるスタッフ陣。ロッテントマトでは超低評価。逆に見たくなる映画。


海辺のリア
http://www.umibenolear.com/

小林政広監督脚本制作。仲代達矢主演。阿部寛、黒木華、原田美枝子、小林薫出演。
撮影監督は、岩井俊二の監督作や制作映画の常連、神戸千木。ギャグになってしまいそうなギリギリのところで踏みとどまっている広角の画とか面白い。


武曲 MUKOKU
http://mukoku.com/
熊切和嘉監督監督作。『そこのみにて光輝く』や前田弘二監督作常連の高田亮脚本。綾野剛主演。綾野剛がキレキレな役を演じる映画は基本面白いですよね。


花戦さ
http://www.hanaikusa.jp
野村萬斎主演、篠原哲雄監督。天下を取った豊臣秀吉の圧政に、花をいける事で立ち向かった男の話。


劇場版 屍囚獄 起ノ篇
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20170501_14276.html

ホラー漫画原作。レンタル屋でよく見かけるけどあまり借りる気にならないジャケだけは妙にエロいVシネ、みたいな雰囲気ですが、監督脚本編集は数多くの傑作Vシネを撮ってきた城定秀夫で、この監督が意外と撮ってないスプラッタなホラー。


トモダチゲーム
http://tomodachi-game.com
マンガ原作。監督『心霊写真部』永江二朗。出演が吉沢亮、山田裕貴、内田理央と大変にニチアサ。


女流闘牌伝 aki アキ
http://aki-movie.com
二階堂亜樹の自伝的漫画の実写映画化。小島武夫役が岩松了って格好良すぎる。


ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代
http://dylanmovie.jp/
ディランのデビューからエレキ化あたりまでのドキュメンタリー。2015年アメリカ制作の物をノーベル賞受賞に乗じて劇場公開、という感じでしょうか。予告編見ても正直そそられませんがマリア・マルダー出てるのは気になります。マリア・マルダーってNYのイメージ無かったけど、グリニッチ・ヴィレッジ出身なのね。


6/9(金)
怪物はささやく
http://gaga.ne.jp/kaibutsu/

傑作児童小説「怪物はささやく」を、『永遠のこどもたち』J・A・バヨナ監督で映画化。原作パトリック・ネスが脚本。


パトリオット・デイ
http://www.patriotsday.jp/

ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』に続き、監督ピーター・バーグx主演マーク・ウォールバーグで実話ベース映画。この二人、相性良い上に仕事早いっすね。
今回はボストンマラソン爆弾テロ事件が題材で、共演にケヴィン・ベーコン、ジョン・グッドマン、そして『セッション』のJ・K・シモンズとメリッサ・ブノワ。
音楽はトレント・レズナー&アティカス・ロスの『ソーシャル・ネットワーク』コンビ。最近のドッカンドッカン路線とはちょっと違うピーター・バーグ映画になりそう。


6/10(土)
残像
http://zanzou-movie.com/

アンジェイ・ワイダ監督遺作。スターリンの手が伸びてきたポーランドの社会主義政策に反発した画家、ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの伝記映画。
イタリアのファシズムと未来派あたりからの、政治と芸術主義の関係性は、面白いネタたくさんありそうなので色々と作って欲しいと思う反面、映画にするとどうしても「戦争や体制にタチムカウ」みたいなテイストに偏りそう。宮崎駿『風立ちぬ』のバランスって見事だったなーと今更思います。


セールスマン
http://www.thesalesman.jp/

アスガー・ファルハディ監督脚本。予告からして、いかにも人間関係の秘密と綾の妙に満ちた「アスガー・ファルハディ映画」な感じ。間違いなく面白いでしょうね。


アイム・ノット・シリアルキラー
http://iamnotserialkiller.jp

死体や殺人に強烈な興味を示す思春期の青年 vs 隣に住む連続猟奇殺人鬼ジイさん映画。青年に『かいじゅうたちのいるところ』主演のマックス・レコーズ、ジイさんがクリストファー・ロイド。クリストファー・ロイドは脚本にも名を連ねています。


ある決闘 セントヘレナの掟
http://arukettou.com

髭もじゃリアム・ヘムズワース vs ハゲ頭ウディ・ハレルソンな西部劇。
監督は、俳優として『アニマル・キングダム』『赤い珊瑚礁』に出演しているキーラン・ダーシー=スミス。


コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝
http://sammohungisback.com/

ベニー・チャン監督、サモ・ハンがアクション監督の武侠映画。ウー・ジン、ラウ・チンワン、ルイス・クー、シン・ユーなど。香港映画おなじみ俳優と、動けるアクション俳優をバランスよく集めたキャスティング。


昼顔
http://hirugao.jp/
上戸彩、斎藤工主演の昼ドラ劇場版。『真夏の方程式』西谷弘監督。この監督の映画、基本面白いですよね。世間でボロクソな『アマルフィ 女神の報酬』も、お話とか酷いなーと思いつつ、僕は割とスキだったりします。


22年目の告白 私が殺人犯です
http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/
入江悠監督、藤原竜也&伊藤英明主演。暑苦しい名前が並んでて楽しそう。


吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」
http://horoyoi-sakaba.jp

吉田類が出演、主題歌。居酒屋を舞台にしたオムニバス。
僕にとっては「やきとんのハイボールを無理しておかわりするオッサン」という今日俺イメージしかないですが、映画になるほどのコンテンツなんですね。


パパのお弁当は世界一
http://papaben-movie.com
「Twitterで35万人が涙した パパと娘とお弁当 本当にあった感動の物語が映画化」と言われると、二の足を踏みそうになりますが、パパを演じるのが映画初出演のTOKYO No.1 SOUL SET渡辺俊美、と聞くと見てみたくなります。
監督脚本制作はじめスタッフ陣はほぼミュージック・ビデオや音楽関係の人っぽいので、既存の映画界の風がほとんど入っていない辺りも面白そう。


KING OF PRISM PRIDE the HERO
http://kinpri.com/

キンプリ映画第二弾。


マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白
http://mrsb-movie.com

北朝鮮からの脱出を請け負う脱北ブローカーとして、北朝鮮にいる息子たちを脱北させる母として、そして自らも脱北者として、韓国に生きる一人の女性を追ったドキュメンタリー。
[ 2017/05/26 17:06 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年5月公開映画チェック

僕の住んでるところは、ようやく朝の気温がプラスになって、雪が溶けたと思ったらもう5月。一年の半分が冬みたいなもんなので、引きこもって自宅映画鑑賞ばかりになるのも致し方なし。この記事書かないと今の映画の動向についていけません。

5月の新作公開監督は、ウディ・アレン、シャマラン、ジェームズ・ガン、ベン・アフレック、デレク・シアンフランス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ、アンドレ・ウーヴレダル、オリヴィエ・アサイヤス、サモ・ハン、キム・ギドク、山田洋次、降旗康男、河瀬直美、いまおかしんじ、成島出、杉山泰一、吉田大八、石井裕也、片嶋一貴、坂本浩一、辻本貴則、湯浅政明。
そして幸福の科学映画、辻仁成映画も公開。シャマラン映画と合わせて、監督や製作者でひとつのジャンルとして成立してしまう映画大好きな僕は、これらをリアルタイムで観られないのが悔しいです。

http://eiga.com/coming/


5/5(金)
カフェ・ソサエティ
http://movie-cafesociety.com/
ウディ・アレン監督脚本。


ノー・エスケープ 自由への国境
http://desierto.asmik-ace.co.jp/

アルフォンソ・キュアロンの息子であり、『ゼロ・グラビティ』の脚本を手がけているホナス・キュアロンが監督脚本編集制作。
アメリカへの不法入国を試みるメキシコ移民たちが、謎の襲撃者に狙われる。というお話。
監督が「ブレッソン『抵抗』、スピルバーグ『激突』、アンドレイ・コンチャロフスキー『暴走機関車』といった映画のコンセプトに惹かれていた」と語っているので、言葉を排し、シチュエーションでグイグイ語っていく作品なのでしょう。近年で言えば『エッセンシャル・キリング』、そしてもちろん『ゼロ・グラビティ』も同型の映画ですね。


5/6(土)
追憶
http://tsuioku.jp/
降旗康男監督作。岡田准一主演なのでYouTubeに予告映像が無くて貼れませんが、撮影が木村大作なだけあって映像に80年代大作邦画テイストが薄ら滲んでて、良いです。


5/12(金)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
http://marvel.disney.co.jp/movie/gog-remix.html
シリーズ2作目。こんなタイトルだから前作のリマスターか何かかと思ったよ。
監督脚本、前作同様ジェームズ・ガン。キャストにカート・ラッセルとシルベスター・スタローンが新規参戦。
タランティーノ映画、『ワイルド・スピード』、そして本作と、最近カート・ラッセルのリバイバル来てるし、そろそろ『ゴーストハンターズ』リメイクみたいな企画出す猛者が、、、と検索したらドウェイン・ジョンソン主演でリメイクするそうで。しかも脚本に『X-MEN ファースト・ジェネレーション』のアシュリー・ミラーとザック・ステンツの名前入ってるから本気な企画っぽいなー。


スプリット
http://split-movie.jp/

シャマラン監督脚本、前作に続きジェイソン・ブラム制作。
先日久しぶりに『サイン』を見まして、ショットひとつひとつが強く、アクションがいちいち過剰で、やはりシャマランは面白いと興奮しておりました。空中で身体を一捻りして華麗にジャンピング寝起きするホアキン・フェニックスのショットを見た瞬間、この監督に惚れたんだよなぁ。
今回はジェームズ・マカヴォイが23人格の持ち主として過剰なアクションで楽しませてくれそうです。女子高生側の主役格アニヤ・テイラー=ジョイの「ただ傍観するしかない」という映画の本質を体現した表情演技も良さそう。やっぱシャマランは映画分かってる。


パーソナル・ショッパー
http://personalshopper-movie.com/

オリヴィエ・アサイヤス監督脚本。『デーモンラヴァー』っぽい雰囲気。


5/13(土)
バッド・バディ!私とカレの暗殺デート
http://badbuddy.jp

ホレた男は殺し屋?!しかもカレったらワタシの隠れた暗殺能力まで開花させちゃった!なロマコメ。
監督『トカレフ』パコ・カベサス。『トカレフ』はニコラス・ケイジ主演にも関わらずビックリするほど無味無臭で退屈でしたが、適度にスタイリッシュで主張のない演出は、コメディ調の本作と相性良いかも。
脚本『クロニクル』マックス・ランディス。言わずと知れたジョン・ランディスの息子さん。
キャストはアナ・ケンドリック、サム・ロックウェル、ティム・ロス、RZA。


マンチェスター・バイ・ザ・シー
http://www.manchesterbythesea.jp

ギャング・オブ・ニューヨーク』脚本のケネス・ロナーガンが監督脚本。
ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ出演。


STOP
https://www.stop-movie.com/

キム・ギドク監督脚本撮影照明録音制作。日本人キャストで日本撮影の原発モノ。


トンネル 闇に鎖された男
http://tunnel-movie.net/

崩落したトンネルに閉じ込められた男の救出劇。出演はハ・ジョンウ、ペ・ドゥナ、オ・ダルス。今の韓国映画で最高の主演男優と女優とバイプレイヤー並べました!という感じの豪華メンツ。


映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
http://www.yozora-movie.com/

舟を編む』石井裕也監督脚本。最果タヒの同名詩集を元にした恋愛劇。


いぬむこいり
http://www.dogsugar.co.jp/inumuko.html

アジアの純真』片嶋一貴監督脚本。
僕はこの監督の映画、予期せぬ方向に突き進んでいくのが楽しくて大好きですが、「自分の期待や想定に沿うモノ=良い / 期待に沿わないモノ=ダメ」というタイプの人とは相性が悪いのだろうと思います。しかし今回の新作は上映時間4時間。これだけ長けりゃどんな人でも展開を想像する気にもならず、気持ちよくブッ飛ばしてもらえるのではないでしょうか。


破裏拳ポリマー
http://polimar.jp/

坂本浩一監督作。ライダー映画みたく毎年作る訳じゃあるまいし、数十年ぶりのリメイク・ヒーロー映画なんてヒネった現代的設定やシリアスにせず、熱血!口上!変身!必殺技!主題歌!って感じでストレートにやれよ、といつも思うのですが、本作は直球そう。
主演溝端淳平。共演に山田裕貴、原幹恵、佃井皆美。佃井皆美の変身姿、いかにも坂本監督好みでイイっすね。


ブレイブウィッチーズ ペテルブルグ大戦略
http://w-witch.jp/
ストライクウィッチーズ映画。


5/19(金)
メッセージ
http://www.message-movie.jp/

突如現れた宇宙船に乗る知的生命体と言語学者のおはなし。テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」の映画化。
灼熱の魂』『プリズナーズ』『複製された男』『ブレードランナー 2049』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。『遊星からの物体X ファーストコンタクト』『ハリケーンアワー』『ライト/オフ』エリック・ハイセラー脚本。この原作の驚きをいかに映像で見せるのか想像もつきませんが、こういった含みのあるSF作品を映画化するには現在最高のスタッフ陣なだけに、期待したいですね。
出演はエイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー。


あの日、兄貴が灯した光
http://aniki-themovie.jp

柔道試合中の事故で視力を失った弟と、詐欺を繰り返し獄中にいた兄、15年ぶりの再会から始まる物語。『ハナ 奇跡の46日間』『7番房の奇跡』ユ・ヨンア脚本。


夜明け告げるルーのうた
http://lunouta.com/

湯浅政明監督脚本。吉田玲子脚本。こういう歌手/バンドもので斉藤和義「歌うたいのバラッド」が主題歌ってのは、あまりにもそのまんまではありますが、ハマると強そう。


5/20(土)
夜に生きる
http://yoruni-ikiru.jp/

ベン・アフレック、『アルゴ』以来の監督主演作。今回は脚本もしています。予告見ると、主演した『トゥ・ザ・ワンダー』のテレンス・マリック感もしっかり取り込んでる様で。出来る男ですね。
撮影はタランティーノ、そしてスコセッシ映画の常連ロバート・リチャードソン。
他のキャストはエル・ファニング、シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナなど女優陣が豪華。


ジェーン・ドウの解剖
http://janedoe.jp/

世に溢れるフェイク・ドキュメンタリーの中でも、オーソドックスでありながら一歩抜きん出た良作『トロール・ハンター』のアンドレ・ウーヴレダル監督作。
脚本は『サラ・コナー・クロニクル』『ワンス・アポン・ア・タイム』とテレビシリーズの制作脚本をしているイアン・B・ゴールドバーグ。撮影『プライドと偏見』ロマン・オーシン。こじんまりとした設定の割に、気合い入ったプロダクション。


皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/

「鋼鉄ジーグ」をネタに使いつつ、『サボテン・ブラザース』『キック・アス』的な「何者でもない者が本物のヒーローになる」映画の王道をやる、という感じでしょうか。面白そうなイタリア映画。


ピーチガール
http://peachgirl-movie.jp
少女漫画実写化。若干懐かしく感じるなーと思ったら、「ピーチガール」連載は97年から04年。10年以上前なのね。
監督は大根仁作品で助監督をして来た神徳幸治。脚本は来年公開予定の白石晃士監督作『不能犯』山岡潤平。主演山本美月。


君のまなざし
http://kimimana-movie.jp/

幸福の科学映画。大川隆法長男である大川宏洋が脚本、主題歌歌唱、そしてついに出演と、幸福の科学映画ウォッチャー騒然にして垂涎の企画。
メインキャストは大川宏洋含め、大川宏洋が代表を務めるプロダクションの若手3人。脇には手塚理美、黒沢年雄、黒田アーサーとベテランで固めつつ、さらに自身のプロダクションの若手を投入。
監督は『毎度おさわがせします』『教師びんびん物語』『GTO』とテレビドラマのベテラン監督、赤羽博が映画初監督。
幸福の科学映画とはまた違う鉱脈、大川宏洋映画の始まりとなるか、期待大です。



TOKYOデシベル
http://tokyodecibels.com/

辻仁成監督脚本原作編集。現状、監督作の地雷率100%な人ではありますが、現実感を完全に捨て去って、自身の世界観でキメキメ全開な映画作れば面白くなると思うんですよね。
出演は松岡充、安倍なつみ、長井秀和、安達祐実。音楽SUGIZO。


トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡
http://tomoshibi-choshi.jp

銚子電鉄と高校生ランナーとのレース勝負。監督『の・ようなもの のようなもの』杉山泰一。すげー良さそう。


ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助
http://goodbye-movie.com

いまおかしんじ監督作。


BLAME!
http://www.blame.jp

弐瓶勉の漫画アニメ化。弐瓶勉監修でアニメ『シドニアの騎士』シリーズ構成の村井さだゆき脚本のオリジナル・ストーリー。花澤香菜上手いなー。


鎌倉アカデミア 青の時代
http://kamakura-ac.blue

終戦の翌年の開校から4年半で閉校した大学、鎌倉アカデミアのドキュメンタリー。文学科、演劇科、映画科、産業科を持つ大学だっただけあって、アカデミアOBであるインタビュー出演者たちは映画監督鈴木清順、岩内克己、俳優声優勝田久、川久保潔などレジェンダリーな布陣。
監督撮影編集、大嶋拓。ドキュメンタリー前作『影たちの祭り』は、内容は面白いけど心情押し付けナレーションがイマイチで勿体無いなーと思った記憶がありますが、今回は、公式サイト見るに適切な距離感を保とうとしてそう。


5/26(金)
光をくれた人
http://hikariwokuretahito.com

3月公開予定が5月に延期。
M・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」映画化。監督『ブルー・バレンタイン』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』デレク・シアンフランス。


美しい星
http://gaga.ne.jp/hoshi/

吉田大八監督作。


5/27(土)
おじいちゃんはデブゴン
http://sammohungisback.com/

サモ・ハン監督主演。認知症初期のおじいちゃんが、お隣さんの女の子を守るためにマフィア討伐映画。
お隣さんのお父さん役+ 制作&主題歌にアンディ・ラウ。ゲスト出演としてユン・ピョウ、ディーン・セキ、ツイ・ハークなど。


ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど
http://mama-dame.com

Facebookでの出会いを通じて国際結婚した日本人男性と台湾人女性のおはなし。監督は谷内田彰久。映像の質感良いけど知らない人だなーと思ったら、とても面白い経歴の持ち主の様で。
https://www.skyscanner.jp/news/inspiration/movie-director/
raytrekサイトのインタビューも面白い。
6KのネイティブデータをPCで編集するそのプロセスと効果とは?
http://www.diginnos.co.jp/raytrek/interview/nafco.html



家族はつらいよ2
http://kazoku-tsuraiyo.jp/

山田洋次監督脚本。前作と同じネタきっちり入れる所や、自転車の使い方、流石に上手いですね。



http://hikari-movie.com/

河瀬直美監督脚本。


ちょっと今から仕事やめてくる
http://www.choi-yame.jp/
八日目の蝉』成島出監督脚本。キャスト福士蒼汰、黒木華。


聖ゾンビ女学院
http://zombie.united-ent.com
pixivによるアイドル育成企画から生まれたアイドルグループ「虹のコンキスタドール」主演映画。
BELLRING少女ハートの6次元ギャラクシー』『女の子よ死体と踊れ』といった同系統のアイドル低予算映画でエフェクトをやっている遊佐和寿が監督脚本編集VFX。共同脚本継田淳。亜沙美姐さんも出演。


バイオハザード ヴェンデッタ
http://biohazard-vendetta.com/
バイオの3DCGアニメーション、いつの間にやら三作目。監督辻本貴則、脚本深見真、音楽川井憲次。


ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー
https://www.facebook.com/haroldandlillianfilm/
』『十戒』『卒業』などの絵コンテを手がけたハロルド・マイケルソンと、その妻で映画リサーチャーとして活躍したリリアンのドキュメンタリー。
[ 2017/04/28 08:46 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら