メモ

忘れっぽいです

2017年8月公開映画チェック

8月。
新作公開監督はボール・ヴァーホヴェン、ジム・ジャームッシュ、マイケル・ベイ、ロベルト・シュベンケ、エドガー・ライト、アンヌ・フォンテーヌ、原田眞人、三池崇史、西村喜廣、三島有紀子。数は少なくとも濃ゆいです。ヴァーホーヴェンとマイケル・ベイだけで胃もたれしそう。

再上映モノは、4Kリマスターが嬉しい『ターミネーター2 3D』と、ペキンパー『戦争のはらわた』40周年記念リマスター版。『T2』は東京では日劇上映。あのデカイ箱で再見出来るなんて最高ですね。

企画モノはキネカ大森で「ホラー秘宝まつり」
http://horror-hiho.com/
ハウリング』『ザ・フォッグ』やるのは嬉しいですが、他の旧作は去年もやった『バスケットケース』&『ヘル・レイザー』シリーズと、至る所でリバイバル上映してるハーシェル・ゴードン・ルイスのベタなタイトル群。どうにも新鮮味に欠けますね。


http://eiga.com/coming/


8/4(金)
トランスフォーマー 最後の騎士王
http://www.tf-movie.jp/
シリーズ5作目。もちろんマイケル・ベイが監督。前作は、露骨なプロダクト・プレイスメント&出資国ヨイショが満載でした。本来なら慎ましく見せるべき点を、最前面に押し出してしまう辺り、マイケル・ベイらしくて僕はとても楽しめました。
今回の撮影は『ミッドナイト・ミート・トレイン』『ダイ・ハード ラスト・デイ』『ジョン・ウィック』ジョナサン・セラ。夕日とか爆発とか、暖色系の色合いが似合うシリーズですが、今回は硬質で寒色な雰囲気を推して来るのかな。


ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
https://warnerbros.co.jp/movie/jojo/

実写版。
監督は、こんな企画、仕事を選ばないこの人しか受けてくれないであろう三池崇史。脚本は『牙狼』シリーズや、近年屈指のダメ実写化映画(でも僕は大好きな)『タイガーマスク』江良至。この監督脚本コンビの映画では、内田春菊が母乳をひり出す大傑作『ビジターQ』がありますね。アレくらい無茶できたら相当面白いでしょうが、まあこんなメジャー・タイトルじゃ出来ませんわね。
企画プロデュースは平野隆。プロデュース作を並べると『黄泉がえり』『どろろ』『感染列島』『余命1ヶ月の花嫁』『今日、恋をはじめます』とロクでもないように見えますが、塩田明彦、瀬々敬久、廣木隆一、古澤健といった、力はあるけどメジャー仕事が回ってこなさそうな監督にバジェットのある映画の監督機会を提供している、と考えると日本映画界にとって有難い人なのかも。それともしょうもない映画を作って足を引っ張ってるだけか。


8/5(土)
俺たちポップスター
http://popstarmovie.jp/

サタデー・ナイト・ライブ組が監督脚本出演でジャド・アパトー制作、日本じゃイマイチ受けないコッテコテの現代アメリカン・コメディ映画プロダクト。しかし本作は音楽ドキュメンタリーのパロディという分かりやすいスタイルなので万人受けしそう。
監督脚本出演3人の仕事では、ナタリー・ポートマンのギャングスタ調ラップが日本でもそこそこ知られているでしょうか。『LEGO ムービー』主題歌「全てはサイコー!」でラップ・パートの担当もしています。
それにしてもアパトー映画の「俺たち」縛りのダサい邦題は、アメリカン・コメディのファンにしか通じないし、もう止めた方がいいんじゃないですかね。


夜明けの祈り
http://yoake-inori.com/

ココ・アヴァン・シャネル』『ボヴァリー夫人とパン屋』アンヌ・フォンテーヌ監督作。戦時、ソ連兵によって身ごもった修道女たちと、彼女らを手助けしたフランス人女性医師のおはなし。出演に『ハミングバード』アガダ・ブゼク、『イーダ』アガタ・クレシャ。


スターシップ9
http://starship9.jp/

地味で良さそうなSF。監督脚本は、ゾンビ映画な世界観でサスペンスフルな人間心理を描いた『ゾンビ・リミット』脚本のアテム・クライチェ。ジャンル映画のツボを押さえつつ、一捻りあるストーリーテリングをする人、という印象があります。


ファンタズムV ザ・ファイナル
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/
銀玉が飛び回る人気ホラー・シリーズの5作目。僕は一応全作見てる、、、ハズですが、4作目の銀玉おっぱいしか覚えておりません。
シリーズ生みの親にして監督脚本を続けていたドン・コスカレリは今回、脚本制作。トールマン役のアンガス・スクリムは本作が遺作となりました。最終作の撮影が間に合ったのは不幸中の幸いでしょうか。


リベリアの白い血
http://liberia-movie.com/

アフリカ、リベリアからニュー・ヨークへ渡った移民のおはなし。監督は日本人。


劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング
宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲

http://ex-aid-kyuranger.jp/
ニチアサ夏の劇場版。ライダーはタイトル通り、トゥルー・エンディングをテレビ本編に先駆けて公開、だそう。


オラファー・エリアソン 視覚と知覚
http://www.ficka.jp/olafur/
ヨコハマトリエンナーレ2017への参加も決まっているオラファー・エリアソンのドキュメンタリー。


8/11(金)
スパイダーマン ホームカミング
http://www.spiderman-movie.jp/

再度リブートの『スパイダーマン』新シリーズ。本作からマーベル・シネマティック・ユニバースに合流。


少女ファニーと運命の旅
http://shojo-fanny-movie.jp/

二次大戦時、ナチス支配下のフランスからスイスへ渡った9人の子供たちの実話ベース映画。監督はジャック・ドワイヨンの娘、ローラ・ドワイヨン。


8/12(土)
海底47m
http://gaga.ne.jp/47m/
夏!海!サメ!47メートルの海の底に沈んだ檻の中シチュエーション・スリラー。


RE:BORN リボーン
http://udenflameworks.com/reborn/

下村勇二監督、坂口拓主演のアクション物。個人的に、この辺りの人たちの「作りたい映画作りました!」系映画は手弁当っぽさ、内輪な閉塞感が強くて、あまり好きになれなかったのですが、最近はその辺り改善されてきた気がします。コレもキャスティングやスタッフの布陣を見るに悪くなさそうな。


8/18(金)
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
http://uchiagehanabi.jp/

岩井俊二出世作を元ネタに、シャフト制作、新房昭之総監督、武内宣之監督、大根仁脚本でアニメ化。僕が苦手とする深夜アニメと大根仁の強力タッグ。岩井俊二嫌いは数年前に克服しましたが、これに立ち向かうのは大変そうだ。


8/19(土)
ベイビー・ドライバー
http://www.babydriver.jp/

エドガー・ライト監督脚本。公式サイトによると、初のハリウッド・メジャー進出作、だそうです。『アントマン』はゴタゴタして監督降りちゃいましたからね。
出演リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス。
カメオ出演は『ファントム・オブ・パラダイス』スワン役のポール・ウィリアムズ、映画監督ウォルター・ヒル、そしてレッチリのフリー、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのジョン・スペンサー。良いチョイスです。しかも映画で最初にかかる曲はジョンスペの「ベルボトム」だそうで。こりゃ早く見たいですね。北海道は札幌でしかやらないみたいだけど。


ダイバージェントFINAL
http://divergent.jp/
シリーズ遂に完結!と言われても、何のこっちゃという人ばかりであろう米人気ヤングアダルト小説の映画版シリーズ最終作。監督は前作に続き『フライトプラン』ロベルト・シュベンケ。


キングス・オブ・サマー
https://www.kings-of-summer-jp.com/

キングコング 髑髏島の巨神』ジョーダン・ボート=ロバーツ監督の長編デビュー作。良作を予感させるボンクラDIY『スタンド・バイ・ミー』。


HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY
http://high-low.jp/
今の日本で一番、映画人が有意義にバジェットを使えるシリーズかもしれない HiGH&LOW シリーズ新作。


蠱毒 ミートボールマシン
http://kodoku-mb.net/

山本淳一監督の自主制作版『ミートボールマシン オリジン』、それをキングレコード制作で商業作品としてリメイクした『ミートボールマシン』、そして今回の新作、という事で、シリーズの3作目、、、と言っていいのかな?
ミートボールマシン オリジン』は自主制作らしさが良い方向に働いたパワフルな傑作。リメイク版『ミートボールマシン』は追加撮影分の監督である山口雄大や造形の西村喜廣の嗜好が入り込んだ、オリジナルとは別物の作品。という印象があります(同じネタでも自主制作と資本入りじゃ別物になる、というのは『死霊のはらわた』しかり、よくある事例なのでしょうが)。
今回の新作は、プロデューサーに山口雄大の名はあれど、山本淳一の文字はクレジットに見当たらないので、リメイク版『ミートボールマシン』に連なるタイトルなのでしょう。いずれは山本淳一監督の手も入った新作も作って欲しいものです。


8/25(金)
エル ELLE
http://gaga.ne.jp/elle/

ロボコップ』『トータル・リコール』『氷の微笑』『ショーガール』『スターシップ・トゥルーパーズ』『インビジブル』『ブラックブック』こんなにも楽しい映画たちを監督したその凄さに、批評家連中もようやく気づいたらしい、偉大なるボール・ヴァーホヴェン監督の、世界中で高評価を受けている最新作。ようやく日本公開です。
しかし公開館が首都圏のTOHOシネマズと地方の小さめ映画館ばかりで悲しいですね。新潟はシネウインドですらやらないのか。


ワンダーウーマン
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

DCコミック映画化ユニバースの一作。『マイティ・ソー』にもあったカルチャー・ギャップ・コメディ要素のおかげで、シリアスになりすぎず楽しめそう。
監督は、シャーリーズ・セロンがアグリーなメイクで主演した『モンスター』監督脚本のパティ・ジェンキンス。近年はテレビ畑で活躍しているので、今回が久しぶりの劇場長編監督作。撮影は『クロニクル』『ファンタスティック・フォー』マシュー・ジェンセン。美術はジャン=ピエール・ジュネ監督『天才スピヴェット』やジョー・ライト監督『PAN』のアリーヌ・ボネット。良さそうな布陣です。
しかしアメコミ的キッチュを意識した日本語コピーと、ロンドン舞台の映画映像が見事にミスマッチな予告編は、どうにかならなかったのか。


きみの声をとどけたい
http://kimikoe.com/movie/

マッドハウス制作のオリジナル長編アニメ。監督『映画ドキプリ』『劇場版総集編オーバーロード』伊藤尚往。『映画ドキプリ』は、「映画フィルムへのノスタルジー」など理解できるハズもない幼児にオトナのノスタルジーを押し付けるプリキュア映画の最低作、と僕は思っていますが、中高生向け映画でラジオやカセットテープくらいの懐かしさなら、悪くないですわね。キャラデザインとリッチな背景の違和感も、逆に良さげ。


映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ
映画ふうせんいぬティニー なんだかふしぎなきょうりゅうのくに!

http://jackie-tinny-movie.com

くまのがっこう』は映画2作目。『ふうせんいぬティニー』は初映画化。どちらも映像の質感は面白いですが、色がゴチャゴチャで子供に厳しそうな気もします。その辺の画面の整理力は『アンパンマン』ホント上手いよなー。


8/26(土)
ハイジ アルプスの物語
http://heidimovie.jp/

スイスドイツ合作の実写版。予告編からして、かなり日本のアニメ版から影響受けてそうな雰囲気です。
おんじ役は『ヒトラー 最期の12日間』ヒトラー役でお馴染みブルーノ・ガンツ。日本語吹替版はハイジ花澤香菜、クララ早見沙織、おんじ茶風林、ロッテンマイヤーさん本田貴子、と魅力的なキャスティング。このブログでは度々「やっぱ花澤さん上手いですね」と書いている記憶がありますが、やっぱ花澤さん上手いですね。


パターソン
http://paterson-movie.com/

ジム・ジャームッシュ監督脚本。アダム・ドライバー主演、『彼女が消えた浜辺』ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏、メソッド・マンなど共演者も魅力的。撮影は『イレイザーヘッド』『ブルーベルベット』『リバース・エッジ』など魅力的タイトルを数々手がけるフレデリック・エルムス。ジャームッシュ作品では『コーヒー&シガレット』などに参加しています。
バス運転手の一週間を、監督の弁を借りると「ただ過ぎ去っていくのを眺める映画」。個人的に、今年のベストになりそうな雰囲気。


関ヶ原
http://wwwsp.sekigahara-movie.com/
司馬遼太郎原作、原田眞人監督脚本。


阿修羅少女 BLOOD-C 異聞
http://asuragirl.com/
BLOOD』シリーズの世界観、というか主人公の小夜を踏襲した、オリジナルストーリーの実写版。


幼な子われらに生まれ
http://osanago-movie.com/

重松清原作、『しあわせのパン』三島有紀子監督、『共喰い』荒井晴彦監督。閉じた人間関係の中で万事解決する、悪く言えば独りよがりな世界に閉じこもる映画を作る三島監督に、あえて、破綻している閉じた人間関係を撮らせる、というのはかなり面白そうな気がします。
[ 2017/07/23 14:29 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年7月公開映画チェック、後半

今の時期は忙しくて適当です、7月映画チェック後半。

旧作上映は、ジャック・デゥミとアニエス・ヴァルダ夫妻の監督作5作品を特集上映する「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」があります。
http://www.zaziefilms.com/demy-varda/

ローラ』『5時から7時までのクレオ』はヌーヴェルヴァーグの中でも特に重要な、そしてそんなカテゴライズなど無意味でタイムレスな名作なだけに、劇場公開は嬉しいですね。欲を言うなら、日本じゃそうそうやらないであろうアニエス・ヴァルダの特集上映なら、映画史家ジョルジュ・サドゥールが「最初のヌーヴェルヴァーグ作品」と呼んだヴァルダの "La Pointe Courte" もやって欲しかった。

新宿シネマカリテの「カリコレ2017」で『吐きだめの悪魔』やりますね。人間が溶ける、という至高の面白要素すら割とどうでもよくなるクズ人間のクズ行為パレード映画。監督が現在もカメラ・オペレーターとして第一線で活躍中のジム・ミューローなだけに無駄にカメラ動きまくりです。以前、大画面で見た時は楽しかったなぁ。
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/

シネマヴェーラは羽仁進レトロスペクティブ。有名作は普通にソフト化されていますが、渥美清主演『ブワナ・トシの歌』や『ピンキーとキラーズの恋の大冒険』はこういう機会にしかお目にかかれないでしょうね。


http://eiga.com/coming/


7/21(金)
怪盗グルーのミニオン大脱走
http://minions.jp
ミニオン3作目。日本予告見てもイマイチそうだけど、アメリカ予告見ると今回とても良さそう。英語版では何とトレイ・パーカーが声優参加。


7/22(土)
ウィッチ
http://www.interfilm.co.jp/thewitch/

ホラー映画、特にアメリカ産のホラー映画って、いかに面白ルールで人を殺すか、どんなグロを見せるか、なんて事には熱心ですが、「恐怖」を感じさせるのにはあまり長けてないなー、と僕は思っているのですが、これは怖そう。楽しみ。


ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走
http://gaga.ne.jp/bon-voyage/

世界の果てまでヒャッハー!』ニコラ・ブナム監督作。車が止まらない暴走コメディ。


十年
http://www.tenyears-movie.com

香港若手監督5人による、2025年の香港を題材にしたオムニバス。
香港映画は中国返還後、一気に勢いを失い、今や中国香港合作映画ばかり。そんな香港映画界にあって、微々たる制作費の自主制作映画として作られ、1館の公開から草の根的上映活動を経て全土に広まり、遂に香港電影金像奨の最優秀作品賞となった、劇的な一作。


心が叫びたがってるんだ。
http://kokosake-movie.jp

実写版。『ジンクス!!!』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人監督&まなべゆきこ脚本。


密使と番人
https://www.nihon-eiga.com/missitburnin/
三宅唱監督作。時代劇専門チャンネルと日本映画専門チャンネルが製作のオリジナル作品。三宅唱監督に時代劇撮らせるなんて、面白い製作者/企画者さんがいるモノだなぁ。


7/28(金)
ザ・マミー 呪われた砂漠の王女
http://themummy.jp/

トム・クルーズ主演、1932年のユニバーサル怪物ホラーのクラシック『ミイラ再生』のリメイク。監督は新生『スター・トレック』シリーズ制作脚本のアレックス・カーツマン。脚本は『プロメテウス』ジョン・スパイツと、近年のトムクル映画に欠かせない『アウトロー』監督脚本のクリストファー・マッカリー。
ハムナプトラ』も『ミイラ再生』リメイクで、アレは『ミイラ再生』の設定を一応なぞりつつ、続編である1940年『ミイラの復活』のコミカル要素強め作劇を踏襲していましたが、今回の『ザ・マミー』はいよいよ『ミイラ再生』要素が行方不明になってそう。
ちなみにユニバーサルのミイラ映画は、日本では『ミイラ再生』以外ソフト化されていなかったのですが、コスミック出版の10枚組1800円DVDシリーズによってまとめて日本語字幕で見られるようになりました。ミイラ男が包帯ぐるぐるビジュアルでズルズルのろのろ歩く、と言うステレオタイプなイメージを確立した『ミイラの復活』はとても楽しくコレ一作で1800円払ってもオツリがくる内容。コスミック出版のBOXシリーズは、西部劇も面白い映画だらけだし、今年6月発売のゾンビBOXは普通に『私はゾンビと歩いた!』入ってるしで、最近ココのDVD-BOXばかり見ています。画質も必要充分だし「映像特典なぞ要らぬ、本編だけ見れりゃ良い」という映画ジャンキーには本当にオススメ。



君の膵臓をたべたい
http://kimisui.jp/
監督『黒崎くんの言いなりになんてならない』月川翔。脚本『ホットロード』吉田智子。撮影『ちはやふる』柳田裕男。


7/29(土)
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
http://thefounder.jp

最近のKADOKAWA配給映画のYouTubeサムネって下品よね。


ローサは密告された
http://www.bitters.co.jp/rosa/

フィリピン映画。劇映画とは思えない映像の質感が素晴らしい。


東京喰種 トーキョーグール
http://tokyoghoul.jp

マンガ実写化。出演は窪田正孝、清水富美加、蒼井優、大泉洋、白石隼也、相田翔子、浜野謙太、古畑星夏、前野朋哉、岩松了など。面白い演技をしてくれそうな人を揃えた良いキャスティング。


海辺の生と死
http://www.umibenoseitoshi.net

満島ひかり主演。島尾ミホ「海辺の生と死」や島尾敏雄「死の棘」「島の果て」を元にしたおはなし。『かぞくのくに』『夏の終り』プロデューサーの越川道夫が監督脚本。
[ 2017/06/29 13:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

2017年7月公開映画チェック、前半

7月。夏休み突入時期の割にショボいラインナップに思えます。
目を引く新作公開監督は
マルコ・ベロッキオ、エレノア・コッポラ、ケヴィン・スミス、チャド・スタエルスキ、廣木隆一、福田雄一、三宅唱、米林宏昌
といったところ。
記事では取り上げていないけど深夜アニメ映画は豊作で、Free、結城友奈は勇者である、ノーゲーム・ノーライフ、生徒会役員共、なのは、と弾数揃ってますね。


http://eiga.com/coming/


7/1(土)
パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
http://www.disney.jp/pirates/
シリーズ5作目。今回の敵役はハビエル・バルデム。映像で見ると髪の毛フワフワしてるビジュアルが面白い。前作欠席のオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイも一応出演してる、らしいです(このシリーズ一作目しか見てないのでよく知らない)。
過去作にはキース・リチャーズが出演していますが、今回は大物ミュージシャンのゲスト枠にポール・マッカートニーが出演。自身やビートルズ主演以外の劇映画に出るのは初めてじゃないですかね。


コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団
http://conveni-wars.jp/

ケヴィン・スミス監督脚本編集。
監督前作『Mr.タスク』に登場した(ジョニー・デップの娘)リリー=ローズ・メロディ・デップと(ケヴィン・スミスの娘)ハーレイ・ケイン・スミスの、コンビニ店員コンビが主役。
カナダのコンビニだからって棚いっぱいにメープルシロップ並べてしまう分かり易い「アタマ悪そう」演出。そして、ジョニー・デップ、ヴァネッサ・パラディ、スタン・リー、ジャスティン・ロング、ハーレイ・ジョエル・オスメントと、楽屋落ち感たっぷりのキャスティング。いかにもケヴィン・スミス映画って感じで、昔からのファンには嬉しい。


ディストピア パンドラの少女
http://pandora-movie.jp

カズオ・イシグロ meets ウォーキング・デッド と絶賛された小説の映画化、だそうです。近年多い、設定は面白いけどあまりホラーホラーしてない変わり種ゾンビ映画でしょうか。やっぱり渋谷のシアターN無くなってから、ガッツあるホラーの劇場上映減ってる気がしますねぇ。


地獄愛
http://2killersinlove.com

20人以上の女性を殺害した、実在の結婚詐欺カップルを元にした映画。
監督は、悪くない映画なのに邦題のインパクトで損してる『変態村』のファブリス・ドゥ・ヴェルツ。主演も『変態村』で散々な目にあうローラン・リュカ。
同事件を題材にした1970年アメリカ制作カルト・クラシック映画『ハネムーン・キラーズ』も併せて再上映。『ハネムーン・キラーズ』はトリュフォーやデュラスのお気に入りだけあって、ヌーベルバーグ好きは間違いなくグッと来るであろう傑作。ジョン・ウォーターズみたいなバッド・テイスト映画好きもイケるでしょう。帽子ばあさんのくだりとか最高。


忍びの国
http://www.shinobinokuni.jp/
天下無敵の織田軍の侍 vs 伊賀の忍、という熱いシチュエーションの戦国時代劇。『のぼうの城』和田竜が原作脚本。監督&主演は中村義洋&大野智の『映画 怪物くん』コンビ。事前に『怪物くん』を見ておけばどんな仕上がりでも「流石にアレよりは面白いわ」となるのでお得。


夏の娘たち ひめごと

魔法少女を忘れない』堀禎一、久しぶりの監督作。脚本編集も担当。撮影は『ヴィレッジ・オン・ヴィレッジ』渡邉寿岳。やまだないとがポスター描いてます。


クロス
http://www.cross2017.com/
有名プロデューサー奥山和由が珍しく監督をしている映画。共同監督に近年の金子修二作品の常連撮影監督、釘宮慎治。
監督が降りたけどスケジュール的にクランクインするしかなくてこの監督体制になったんじゃないか、と邪推しちゃう布陣。


それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!
http://anpan-movie.com/2017/
映画29作目。矢野博之監督、米村正二脚本。いつものアンパン映画な布陣。ゲスト声優に多部未華子とキャイーン。


めだまろん ザ・レジデンツ・ムービー
http://www.imageforum.co.jp/theresidentsmovie/

レジデンツのドキュメンタリー。
僕は、レジデンツの作品に触れると、普段は皮かむりの感性が剥き出しにされて「箸が転がるだけで面白い」みたいな、何でも楽しめる状態になるのですが、この予告編見てもあんまムケないですね。単なるレジデンツ紹介ムービーになりそうな気が。レジデンツならそれだけでも充分面白いでしょうけど。


7/7(金)
ジョン・ウィック チャプター2
http://johnwick.jp/

前作は「引退した殺し屋」という事で若干の動きの鈍さも言い訳できたけど、今回はそうもいかねぇ!とモーレツなトレーニングを積んだキアヌ・リーブス主演の、シリーズ2作目。トレーニング映像で見せる、実弾での的確なエイミングに惚れます。
前作はイカツイ&イイ面のおっさんキャスティングが絶妙でしたが、今回もピーター・ストーメア、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン、そしてマカロニ・ウエスタンの巨星フランコ・ネロが登場。若手殺し屋は『トリプルX 再起動』ルビー・ローズ、コモンが出演。
監督チャド・スタエルスキ、脚本デレク・コルスタッドは前作から続投。


ボンジュール、アン
http://bonjour-anne.jp/

フランシス・フォード・コッポラの奥様、エレノア・コッポラが監督脚本した初の劇映画。
邦題も全然悪くないと思いますが、原題の "Paris Can Wait" はコッポラ・ファミリーらしい映画インテリジェンスがあって良いですね。奥行きを感じさせないベタっとした映像の質感は晩年のオリヴェイラっぽいし、銀座マダム向けの売り方してるけど、むしろシネフィル好みする映画かもしれません。


7/8(土)
ライフ
http://www.life-official.jp/

ポスターのど真ん中にジェイク・ギレンホールのニヤケ顔があるだけで悪い予感しかしない『エイリアン』系宇宙ホラー。
監督『デンジャラス・ラン』『チャイルド44』 ダニエル・エスピノーサ、脚本『ゾンビランド』『デッドプール』レット・リース&ポール・ワーニック。
出演ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、真田広之。今の真田広之が『リング』みたく絶望の表情で死んでいくの、見たいっすね。


バイバイマン
http://byebyeman-movie.jp/

そこそこヒットしたみたいですがトレイラー見てもあまりソソらないホラー。"don’t say it, don’t think it" を執拗に繰り返すのはちょっと良いですね。


裁き
http://sabaki-movie.com/

階層、民族、言語、宗教が入り乱れるインド社会への鋭い洞察を盛り込んだ法廷劇。とはいえ、対象とのドライな距離感のおかげで、飄々として辛気臭さは薄そう。かなり面白いのでは。


逆光の頃
http://gyakko.com/

タナカカツキ最初期の漫画原作。とっても良さそう。


メアリと魔女の花
http://www.maryflower.jp/
米林宏昌がジブリを離れて一発目の監督作。


マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン
http://klockworx.com/movie/m-405261/

オンリー・ゴッド』撮影中のニコラス・ウィンディング・レフンを追ったドキュメンタリー。奥様のリブ・コーフィックセンが監督。『ブロンソン』『ドライヴ』といった絶賛映画ではなく、そら賛否ガッツリ分かれるよ、な『オンリー・ゴッド』撮影ドキュメンタリーなのが良いですね。映画舞台裏ドキュメンタリーは失敗作の方が面白い、みたいなところありますし。


7/14(金)
銀魂
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

小栗旬主演な時点でボロカス言われてるんでしょうなー、な実写版。福田雄一監督脚本。かつての紀里谷映画を思わすショボVFXが大変よろしいですね。
しかし、誰が演じても色々言われそうな銀さんは小栗旬くらいしかやれる人居ないでしょうし、他は新八に菅田将暉、神楽に橋本環奈、土方に柳楽優弥、ズラに岡田将生と、かなり頑張ったキャスティングしてると思います。何より高杉晋助に滅多に映画出ない堂本剛を持ってきたのは相当面白い。


7/15(土)
甘き人生
http://www.amakijinsei.ayapro.ne.jp/

愛の勝利を』マルコ・ベロッキオ監督作。ベロッキオ監督作ですら東京ではスバル座とユーロスペースしか上映館がないなんて、世知辛いですなぁ。


ハートストーン
http://www.magichour.co.jp/heartstone/

アイスランド映画。LGBT映画賞を複数受賞しているので、そういう映画なのでしょう。


世界は今日から君のもの
http://sekakimi.com

ステレオタイプおたくの成長映画、でしょうか。無表情の門脇麦かわいい。この手の映画は大概、実際にオタクやってる人間が見ると無性にイラっと来るモンですがコレはどうかな。予告編の海ぽちゃシーンは映画力あって素晴らしい。


彼女の人生は間違いじゃない
http://gaga.ne.jp/kanojo/
廣木隆一監督作。


カーズ クロスロード
http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

シリーズ3作目。日本語エンディング曲奥田民生。吹替に松岡茉優、藤森慎吾などが新規参加。『モンスター・ホテル』『プリキュアオールスターズ 春のカーニバル』では散々だった藤森演技だけど、今回は予告の一言聞く限りでは以前ほど悪くなさそうな。


劇場版ポケットモンスター キミにきめた!
http://www.pokemon-movie.jp

ポケモン映画20作目。20年前に放送されたテレビアニメ第1話のラストの続きを、オリジナルストーリーで描く、という事なのでポケモン世代の方々にとってはアツそう。
監督はいつも通り湯山邦彦。毎年恒例のゲスト声優として中川翔子と山寺宏一参加。脚本は珍しく米村正二。アンパンやヒーロー大戦映画は数多くやってますが、意外なことにポケモン映画は初。王道やると強い人なので割と良さそうな。


パワーレンジャー
http://www.power-rangers.jp

初代パワーレンジャーのリブート。
監督は、高校生タイムリープ物の佳作『プロジェクト・アルマナック』のディーン・イズラライト。脚本『リアル・スティール』『フライト』ジョン・ゲイティンズ。美術『フューリー』アンドリュー・メンジース。音楽ブライアン・タイラー。
予告編から「『アベンジャーズ』『クロニクル』以降」の映画になってる感じが伝わってくるし、スタッフの人選も面白いし、金かかってる良いプロダクトですね。東映配給じゃなく、もっとプロモーション上手いところがやれば日本でも結構ヒットしそうな気が。
日本語吹替は、レッド勝地涼、ピンク広瀬アリス、ブルー杉田智和、イエロー水樹奈々、ブラック鈴木達央、悪役に沢城みゆき。


ケイト・プレイズ・クリスティーン
http://www.chunfufilm.com/kate-plays-christine

1974年、ニュース番組の生放送中に拳銃自殺したキャスター、クリスティーン・チュバック。彼女を演じることになった女優が、役作りとしてクリスティーンに近づいてく様子を撮影したドキュメンタリー、、、と言ってますがフェイクっぽいですね。面白ければフェイクでも何の問題もありませんが。
同事件に関してはレベッカ・ホール主演の "Christine" という劇映画も作られています。こっちのが面白そうなんだよなー。
[ 2017/06/22 03:28 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
Author:かりふら